吉本新喜劇、消費者庁とコラボ 福井大臣登場に座長すっちー戸惑う

モデルプレス

2018/8/6 11:30

【吉本新喜劇/モデルプレス=8月6日】「みんわらウィーク」の5日目が、8月5日(土)にサッポロファクトリーをはじめとして札幌市内各地で行われ、「みんわら花月 特別興行」の寄席には、「しろっぷ」「ハリセンボン」「タカアンドトシ」「かまいたち」「博多華丸・大吉」の5組が登場。それぞれ会場に話しかけたりしながら、漫才を行った。

「みんわらウィーク」開催期間中、消費者庁とコラボしてお届けしている吉本新喜劇。同庁が運用する消費者ホットライン「188(いやや!)」をテーマとした新喜劇「父と息子の絆、騙されたら、いやや~」を上演。劇中は、ホットライン「188」の認知度を高めるべく、ポスターを貼付したり、巻き起こるトラブルを「188」に電話して解決したりしようとするなど、消費者ホットライン「188」をしっかりPR。

エンディングでは、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、消費者及び食品安全、海洋政策)である福井照大臣が登場。すっちーと握手を交わし、大阪市出身で幼少の頃から見ていたという吉本新喜劇の舞台に「65歳にしてやっと立てた」と興奮した様子で話した。

福井大臣は「日本の消費者行政は世界一です。『188』にかけたら本当に親切に対応してくれます。悪徳商法と契約してしまってもクーリングオフがあります。『188』にさえ電話してくれれば、詳しく、親切に対応してくれます。親や友人にも相談できない時は、すぐに『188』に電話をかけてほしい」と普及を呼びかけ。

また、劇中で消費者庁の秘書役を演じた前田まみを「あんな難しいセリフ、僕でもまだ覚えていないのに」と冗談を交えて賞賛し、最後には「ロビーで皆さんに“188”マッチを配ってますので、持ち帰って下さい……ウソですけど」とさすがは大阪出身らしいボケに、「ボケまくりですやん!」とすっちーにツッコまれながら幕を閉じた。

◆福井大臣、ギャラゼロでも「新喜劇に入りたい」



興行後の囲み取材では、福井大臣は来場者に感謝を述べてから「現時点で消費者ホットライン『188』の認知度は知っている人で6.6%、メリットなどをすべて把握している人で4%台。早めに相談することは被害の拡大防止に繋がりますので、積極的に『188』に電話をしてください。劇中のセリフのなかに上手に取り入れてくれたので、楽しくPRできたと思います」と話した。

また、憧れの舞台に立てた感想を聞かれた福井大臣は「本当に新喜劇に入りたいと思いました。ギャラが安いそうですが、ゼロでも結構でございます(笑)今後も機会があれば、何度でも舞台に立ちたい。次は主役で」と報道陣の笑いを誘い、この発言を受けて座長のすっちーは「やりにくいし、緊張するんでやめてください(笑)」と突っ込んだ。最後にすっちーは「新喜劇はコンプレックスの塊。僕は身長が低いのがコンプレックスで、身長が伸びる本みたいなのを買ったんですが、最後には“気にしないこと”と精神論が書かれてました。その時『188』を知っていたら…」と話し、信濃岳夫は「僕は肌が汚いのがコンプレックス。肌が綺麗になるブラシを買ったけど、却ってボロボロになってしまった。『188』に電話したい」と消費者ホットライン「188」の実活用の場面を話した。

新喜劇と消費者庁が初めてコラボレーションした新喜劇「父と息子の絆、騙されたら、いやや~」は、普段通りの笑える新喜劇だが、消費者ホットライン「188」をしっかりと学べる内容に。笑いながら学べる新喜劇の新しい形となっている。

■消費者ホットライン188とは?



全国共通の3桁の電話番号「188(いやや!)」で、全国に設置されている消費者センターなどの消費生活相談窓口を案内するサービス。センターや窓口では、契約に関する事業者とのトラブル、悪質商法による被害、製品・食品・サービスなどによる事故などの相談を受け付けている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ