婚活をがんばっているのにうまくいかない理由

yummy!

2018/8/6 11:00


婚活をがんばっているのにうまくいかない理由

携帯越しに知らされた友人からの結婚の報告は、婚活がうまくいかない人にとっては、いくら友人の祝い事であってもストレスでしかありませんよね。
おめでとうと素直に言えない自分にも落ち込んでしまったり……。婚活は、努力すればすぐにかなうものでもありません。ご縁やタイミングを味方にしながら、そのときを待つしかないのです。
今回は、婚活をがんばっているのにうまくいかない理由をご紹介します。

婚活をがんばっているのにうまくいかない理由#1「相手を思いすぎてひとりで空回り」



ライター業の傍ら、恋愛カウンセラーとしても活動していますが、実際に恋に悩まれている方の多くが真面目すぎるがゆえに空回りしかけている方もなかにはいます。でもアドバイスを伝えると、すぐに表情が明るくなり、楽しそうに帰られます。
相手を思う気持ちは大切です。しかし寝ても覚めても彼のことを考えるのは危険で、知らない間に彼に負担をかけている場合も少なくありません。少しでも考えすぎている傾向があるなら、まずは彼を忘れる時間をつくりましょう。
趣味に夢中になっているうちに「そういえば、彼に返信したっけ?」くらいの心の余裕は常に必要です。彼を追いかけすぎると、逃げてしまいます。いつもほどよい距離感を意識してください。

婚活をがんばっているのにうまくいかない理由#2「彼女気分で接してしまう」



婚活中、デートする関係になってもあくまでも二人はまだ知人同士。強いていえば、友達以上恋人未満の関係です。つまりまだ彼女ではありません。正式に告白されていない状態で、いきなり結婚について語り合うのはハードルが高すぎます。
彼としてはまだどうしたいか考えているにもかかわらず、何度も「結婚したい」と伝えるなんてかなりリスクのあること。一番多いケースは長文でメールを送った後に後悔するパターンです。どうしても不安な気持ちを彼に伝えたくて、気がつけばかなり長いメールを彼に数回送っている状況。
そろそろ距離感を調整しないと、彼に逃げられちゃうかも……。あくまでも彼女ではないという認識でいましょう。

婚活をがんばっているのにうまくいかない理由#3「結婚への焦りが強すぎる」



結婚への焦りがあまりにも強いと、お相手の男性は引いてしまいます。たとえ婚活という名目で会っていたとしても、付き合う前から何度も結婚について話されるのは気が重い……。
結婚できない焦りが強すぎると、本来はうまくいく流れであっても失敗へとつながってしまいます。今は彼との時間を楽しむことに集中しましょう。二人で一緒に過ごす先に明るい未来があればいいと思っているくらいで、ちょうどいいのです。
「彼」や「結婚」への執着を一度手放すと、今よりもさらに精神的に楽になれます。執着は人の心を黒く染めます。いつの間にかがんじがらめになって、空回りしないように気をつけてください。

さいごに



婚活がうまくいかないのは、なにかしらの理由があるから。原因を突き止めないまま、ガツガツと前に進んでも意味がありません。まずは自分なりに分析しながら、婚活がいい流れへと変わるように、がんばりましょう。
(山口 恵理香/ライター)

あなたにおすすめ