ジャニーズ事務所、社内組織図を大解剖! 全デビュー組の“所属先”と“今後の共演事情”


 先日オープンしたコーポレートサイトで、現在の“社内組織図”が公になったジャニーズ事務所。藤島ジュリー景子副社長の管轄下に置かれるマネージメント本部には、「制作一部」「制作二部」「制作三部」が存在しており、それぞれに各グループやタレントが所属し、今後、同部内での共演機会が増えるとみられているという。ジャニーズに近い業界関係者が、全デビュー組の所属先を明かす。

「制作一部の所属グループは、TOKIOKinKi KidsNEWS、ジャニーズWEST、King & Prince。ベテラン組に加えて、最も勢いのあるキンプリが所属とあって、安定と発展が見込まれていましたが、TOKIO、NEWSと続けてメンバーが不祥事を起こし、現在最も不穏な空気が漂う部署となってしまいました」(テレビ局関係者)

一方、制作二部所属グループのメンバーも、休業や脱退が発表され、近頃はトラブル続きとなっている。

「制作二部の所属グループは、少年隊、V6、タッキー&翼、関ジャニ∞Hey!Say!JUMP、Kis‐My‐Ft2。元SMAPマネジャーだった飯島三智氏の管轄にいたキスマイは、こちらの所属となっています。ジュリー氏の下、どのような活動を行っていくのか要注目と言えそうです」(同)

そして業界関係者の間で、「最強の布陣」といわれているのが、を擁する制作三部なのだという。

「制作三部の所属グループは、嵐に加えて、KAT‐TUN、Sexy Zone。そして、木村拓哉中居正広山下智久も同部預かりとなっています。現在最もジュリー氏の信頼を得ているといわれる、Hという人物が部長を務めているそうで、露出や売り上げ面では、ほかの部署を圧倒していると見られています」(週刊誌記者)

そして、デビュー組で唯一名前が挙がらなかったA.B.C‐Zは、マネージメント本部とはまったく別の「Jプロジェクト」という部署に所属しているのだとか。

「サイトの組織図を見れば一目瞭然ですが、Jプロジェクトは代表取締役社長、つまりジャニー喜多川社長直轄の部署。主にジャニーズJr.の運営を担当していますが、A.B.C‐Zに加えて、先日Jr.を卒業した「ふぉ~ゆ~」など、ごく一部のグループやタレントもこちらの所属となっているんです。テレビよりも舞台やステージといった、ジャニー社長のフィールドで活動する者は、ジュリー班とは棲み分けを行っているようですね」(レコード会社関係者)

公にはされていない、ジャニーズ組織図の“深層”。ジャニーズ勢の意外な共演が発表された際には、この編成を思い出してみるといいのかもしれない。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス