【夏の節電対策】エアコンと冷蔵庫の設定を見直そう!

アサジョ

2018/8/6 10:14


 猛暑続きで、エアコンをつけっぱなし。今年の夏は、いつもより電気代が上がりそう…という人に、今すぐできるお得な節電方法をご紹介!

まず、鉄板な節電は、エアコンの設定温度を上げること。扇風機を併用しても、温度を上げたほうが節電になります。というのも、エアコンは外気との温度差が少ないほうが省エネになるからです。これは健康面でもオススメ。外出機会の多い人は、外と部屋の寒暖差で体調を崩しやすいので、ぜひ温度設定を見直してみてください。また、エアコンのフィルター掃除をまめに行うのも節電につながりますよ。

そして、意外に見落としがちなのが、冷蔵庫の設定温度です。冬は弱、夏は中から強が目安ですが、生ものなど、傷みやすいものがなければ、夏でも弱~中で大丈夫。不安な人は、ケーキやお菓子についてくる保冷剤を再利用して、冷蔵庫に入れるだけでも省エネになりますよ。

他にも、テレビやDVDレコーダー、温水洗浄便座なども、省エネモードや節電モード、タイマー機能を利用しましょう。びっくりするほどの請求額になることもあるのが夏の電気代です。近年では夏の電力不足がニュースになることも。家の中の電気製品の設定を見直し、ぜひ、節電を心がけてくださいね。

あなたにおすすめ