月に隕石が激突する瞬間を動画で!

20180803-moon-meteor-strike-video-01
Image: Jm Madiedo/YouTube

誰かが月面でメテオの呪文を唱えたようです。

ウサギが餅をついているといわれる月の世界ですが、地表に降りてみれば岩だらけでボコボコのクレーターだらけ、それに人類が残したゴミが180トンも放ったらかしになっています。

24時間でふたつの隕石が月面に


そんな月面を荒れ地にするのは、やはり隕石。そして7月17日と18日、スペインにある月面衝撃観測分析システム「MIDAS」の望遠鏡が、2日連続で月面に隕石が衝突する様子を捉えました。



真ん中と左の方でピカ! っと2回光りましたよね。あれが隕石の衝突なのです。

欧州宇宙機関ESAの報告では、この時期に見られる「やぎ座α流星群」の196P/NEAT彗星から派生した残骸とのこと。

地球に大気があってよかった…


もちろん地球にだって、毎日100トンともいわれる小さい隕石が衝突しているとSYFY WIREはいっています。でも遙か上空で燃え尽きて流れ星になったり、広大な海や砂漠に落ちたりしているんですよね。しかし月には大気がないので、こうして隕石がストレートに衝突してしまい、30km/秒という速度のまま衝突するのです。

ちなみに30km/秒という速度は凄まじいもので、たった0.07gの隕石が時速90km/hの1トントラックと同じ運動エネルギーを持っています。音速の約90倍。怖すぎます。

AmazonのCEOジェフ・ベゾスは、月面に地球の製造業を移動させようだなんて壮大な計画を立てていますが……核シェルター級の隕石対策もしないといけませんね。

スコープテック ラプトル50 天体望遠鏡セット

スコープテック ラプトル50 天体望遠鏡セット
10,800円

購入


Source: YouTube, ESA via SYFY WIRE

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス