浜崎あゆみ、短期間での体形変化にファンもアンチも困惑……「どれが本当?」と疑問の声が継続中

日刊サイゾー

2018/8/6 00:00


 テレビやライブといった公の場で姿を現すたびに「太った」などと体型の変化が話題となる浜崎あゆみ。7月25日放送の『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)では「BLUE BIRD」と「Greatful days」の2曲を披露したが、話題になったのはそのパフォーマンスではなく、やはり体形だった。

今回の浜崎は、今年3月にInstagram のLIVE機能で動画の生配信を行った際の、まんまるの顔やタプタプの二重あごが露呈した時ほどの“激太り”状態ほどではなかったものの、二の腕やウエスト、脚に肉が付いている貫禄のある姿が、いつもInstagramに投稿している近影とまったく違っていたため、ネットでは「インスタと体形が違いすぎてウケる」「あゆの加工技術はすごい。凄腕の加工職人を雇っているはず」とお祭り騒ぎになっていた。

また、体形だけでなく顔も変わったとの指摘も出ており、頬のあたりが不自然にボリュームがあったことで「葛城ユキっぽい」「池波志乃似になった!」などといった声が上がった。

「浜崎さんがここまで体形のことを言われるのは、スターだからというのもありますが、写真の加工が激しいからというのもあるでしょう。写真ではほっそり美しいのに動画ではぷくぷく、なんてギャグですもんね。アンチが面白がってしまうのもしょうがない」(芸能事務所勤務)

浜崎自身が体形を気にしてダイエットに励んでいるのは間違いなく、5月15日には「仕上げに100本ノックinマグマルームという大技を仕掛けてくるドSさぜ先生であった」という言葉とともに、ストイックに腕立て伏せの姿勢をとり運動に励む動画をSNSにアップ。最近のInstagramの写真でのスリム体形はダイエットが成功したのだろうと思っていたファンは、度肝を抜かれてしまったというわけだ。

そんな浜崎は、7月29日にもInstagramを更新し、事前に予告していた『LINE LIVE』『インスタライブ』同時生配信の動画を投稿した。映像では、3人のバックコーラスを従えてアカペラで自身の楽曲「The way I am」を歌う姿を公開。やはりふっくら体形で貫禄たっぷりに熱唱している姿が確認できる。

この動画で着ていた青いペイズリー柄のワンピースは、4日前の25日に投稿した写真と同じもので、写真の浜崎はかなりスリム体形。同じ服を着ているだけに、体形の違いが浮き彫りになり、ネットでは「たった4日でこんなに変わる?」「加工バレちゃうから同じ服は避けたほうが良かったね……」と、写真と動画が違うことに違和感を覚えるという意見が続出していた。

女性なら、世間に公開する写真を加工したい心情になるのは当たり前。さらに浜崎ほどのスターともなれば商売柄、写真に加工を施すのも致し方ないところだろう。とはいえ、ファンが浜崎の短期間での変化とインスタでの別人すぎる画像に「どのあゆが本当のあゆなのかわからない……」と戸惑いの声を挙げているのも、また事実のようだ。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス