キャンディzoo・ゆうゆ&かこちゃん、「TIF」の裏で大熱狂のパフォーマンス!<MIF>

キャンディzooが8月5日、東京・台場のデックス東京ビーチで開催された「みんなの アイドル フェスティバル 2018」に出演した。

「みんなの アイドル フェスティバル(MIF)」は「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)」と同じ日程(2018年は8月3日~5日)、そして「TIF」の会場近くで行われるイベント。“素敵なアイドルさん、スタッフ、なによりお客様と「みんな」で作り上げる手作りイベント”がコンセプトで、キャンディzooは3日目に登場した。

6月からミーアキャット担当・片山結愛(ゆうゆ)、ペリカン担当・菅谷夏子(かこちゃん)の2人体制となったキャンディzoo。高校1年生の2人は、夏休み序盤に地元の静岡へ帰省(片山)、グアム旅行(菅谷)とそれぞれバカンスを楽しんだ後、いよいよ夏フェスへ参戦することに。

ファンの大きな歓声に迎えられた2人は、「キャンディチャーム~あめ玉のおまじない~」をしっとりと歌い上げる。そして、自己紹介の後は「日も落ちたということで、日没にピッタリの曲を用意いたしました」(片山)という言葉から、「素敵なペーパーチェーン」へ。温かさを感じられるスローナンバーと、2人の優しい歌声にファンもすっかり聞き入っていた。

ここで「アニマルパラダイス」のイントロが流れると、ファンの期待も一気に高まる。キャンディzooのライブでも大きな盛り上がりを見せるキラーチューンで、会場のボルテージは最高潮に。これまでは卒業メンバー3人を含む5人でパフォーマンしていた楽曲を2人でやり切った片山と菅谷に、ファンも大きな手拍子と声援を送った。

最後は「最高の“もっとー”を出してください!」と呼び掛け、「GOGO☆ダイナソー」を歌唱。呼び掛けに応えたファンから最高の「もっとー!」コールが送られるなど、「TIF」にも負けない大熱狂を見せて、キャンディzooの「MIF2018」は幕を閉じた。

【キャンディzoo、夏の目標は映画とカヌーと体力強化!<MIF>へと続く。同記事は8月6日(月)朝9時30分配信予定】(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157266/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス