髪色と眉マスカラの相性チェック!「垢抜けたね!」をゲットする方法




あの子が一気に垢抜けた理由は、髪と眉のカラーを見直したから……。それほど髪と眉のカラーは、人の印象を変えることもあるのです。そこで今回は、髪色と眉マスカラの相性についてご紹介します。彼の「垢抜けたね!」をゲットしましょう!

彼の「垢抜けたね!」をゲットする方法



1. 眉の色を髪色よりワントーン上げる

“髪と眉の色を合わせる”と聞いたことがありませんか? 確かに、髪と眉の色を合わせると統一感が出て優しい印象になります。しかし、髪と眉の色を合わせる以上に垢抜けた印象を作るためには、眉マスカラを選ぶときに髪色よりワントーン明るめのカラーを選ぶのがおすすめです。
例えば、黒髪の場合であれば黒よりグレーの眉に仕上げた方が軽い印象になります。かといって、明るすぎる眉マスカラはちぐはぐした印象を与えてしまうかも……。眉マスカラは、実際に付けてみると想像以上に明るいこともあるため、よく吟味しましょう。

2. 「カラコン」と眉のカラーを合わせる

多くの女性が見落としがちなのが、カラーコンタクトの色と眉の色を合わせることです。最近は、カラコンをメイクの一部として楽しむ方が増えてきましたが、眉と髪の色を統一することばかりに気を取られてカラコンだけ浮いてしまってはいませんか?
気分によってカラコンを変えるなら、その都度眉マスカラも選び直す必要があります。ブラウン系やピンク系のカラコンなら、同系色の眉マスカラを選びましょう。ブルー系やグリーン系など眉マスカラで対応できない場合は、アイシャドウを効果的に使用して眉の色を整えてみるとよいですよ!

3. 女性の魅力を引き出すには“赤みブラウン”を投入!

大人っぽさを出すために、暗めの茶髪をキープしているという方はぜひ眉マスカラを“赤みブラウン”系にチェンジしてみて! ブラウンで仕上げていた眉にレッドを投入することで、簡単に女性らしさをアップさせることができます。ブラウンで仕上げた眉は失敗知らずですが、その分飽きやすく顔全体が薄い印象になってしまうことも……。
そこへ赤みブラウンを入れてあげることで、顔に立体感が生まれて垢抜けた表情を作り出すことができます。また、並行眉にすることでベビーフェイスに見せる効果もあるので、甘めフェイスをゲットしたい方にも赤みブラウンはおすすめです。

眉を染めるのは注意が必要



メイクの度に眉マスカラを塗るより、眉をカラーリングしたり、脱色したりする方が楽だと思う方もいるかもしれません。実際に、余ったカラーリング剤で眉を染めた経験のある方もいることでしょう。しかし、本来美容院では眉のカラーリングが禁止されていることからも分かるように、眉のカラーリングには危険が潜んでいます。
顔の皮膚は非常に薄いため、頭皮では炎症の出ない方でも眉にカラーリング剤を乗せた途端、ダメージが起こることもあるのです。その点、眉マスカラなら簡単に色が付くうえ、ダメージの心配もありません。髪と眉のカラーを見直すには、安全なメイク用品である眉マスカラの使用が最適なのです!

あなたにおすすめ