連ドラ3本を掛け持ち!隠れた売れっ子俳優・吉村界人とは?

アサジョ

2018/8/6 07:14


 ネット上で「今クールの連ドラに出すぎている」と話題になっている吉村界人。名前を聞いてわからなくても、顔を見ればピンとくる人がほとんどだろう。細いアゴに太い眉、切れ長の奥二重、鼻先が少し上を向いたような顔立ちは、正統派イケメンとは言えないが独特な雰囲気を醸し出しているからだ。

吉村は吉岡里帆主演「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)では生活保護を受給する家庭でミュージシャンを志す高校生・日下部欣也、山崎賢人主演「グッド・ドクター」(フジテレビ系)では藤木直人演じる小児外科医・高山誠司の弟、吉沢亮主演「GIVER 復讐の贈与者」(テレビ東京系)では突然、高層ビルの展望室でショットガンを乱射して爆弾まで仕掛けた伏見廉也を演じている。

実は前クール放送のマンガ原作ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)では、金持ちの親を引き合いに出し、主人公らが通っている高校でのさばるドラマオリジナルの悪役高校生・森口健太を好演。「森口役の俳優は顔が変わっていて演技が上手い」と話題になっていた。

「吉村は松田美由紀が社長を務める芸能事務所『オフィス作』のイチオシ俳優なんです。ここの事務所は2年前に“客が呼べる俳優”との異名を持つ森山未來が抜けてしまったことで大打撃を受けました。しかし5年前に初めて開催したワークショップオーディションで吉村を発掘し、丁寧に育ててきたんです。森山も正統派イケメンではありませんが雰囲気のある印象的な顔立ちをしていましたから、その森山がいなくなったことで、吉村の存在感が増したと言えるかもしれません」(女性誌記者)

高校生役を演じることの多い吉村だが、実年齢は25歳。これから大化けしそうな予感がする。

あなたにおすすめ