手越祐也、加藤シゲアキ主演ドラマに登場 ド派手衣装の背景に…


アイドルグループ・NEWSの手越祐也が、同グループの加藤シゲアキが主演する日本テレビ系ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』(毎週日曜22:30~)に、12日に放送される第5話から出演する。

手越の役柄は、大富豪でドリームキングダムの主催者である在全(梅沢富美男)や、後藤峰子(小池栄子)に雇われた、残虐なクイズ司会者・城山小太郎。ド派手な衣装とフレンドリーな振る舞いでクイズを仕切るが、ゲームの進行過程で、チームの絆が壊れる展開に参加者たちを誘導するという歪んだ性格の持ち主だが、その背景には、壮絶ないじめという過去があったという難しい役どころだ。

加藤は「原作を読んでいたので、まさか手越が、このキャラクターを演じるとは思っていなかったです。かなりぶっ飛んだ役なので、ピッタリな役柄だとも思いました(笑)。ただ、思っていたよりヒラヒラな衣装で、カッコいいキャラになっていて、ビックリです」と感想。「メンバーと共演すると、今まで知らない新たな一面が見れるので、撮影を楽しみにしています」と心境を語る。

一方の手越は「昔いじめられていた反動で、友情というものを信じられなくなってしまったり、命を奪うことにしか快感を覚えなくなってしまった切ないキャラクターでもあるので、頑張って演じたいと思います」と意気込み。

小池栄子は、この日初めてメイク室で会った手越に「想像以上に王子様でビックリしました。初対面なのに、きれいだなと思って、『手越くーん!』とテンション高めに、話しかけちゃいました」と喜んでいた。

そんな小太郎がドリームキングダムにやってくるまでのドラマが描かれるスピンオフ作品『エピソードZERO 城山小太郎編』は、12日のドラマ本編放送終了後に、Huluで配信される。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス