広島・緒方監督、無失点の先発・高橋昂也を「強制降板」 改めて浮き彫りになった「首位・広島の強さ」を小田氏が解説

AbemaTIMES

2018/8/6 07:00


 「これは容赦ないですね」

3回裏の横浜DeNAの攻撃、広島の先発・高橋昂也が4番・筒香にフォアボールを与えると、広島・緒方監督がベンチを飛び出して突如交代を告げた。2回と2/3、53球を投げて無失点という内容だったこともあり、AbemaTVで解説を務めていた小田幸平氏は驚きを隠せない様子だった。しかし状況を整理すると、次のように解説を続けた。

「無失点とはいえ、リードを広げた次の回での投球。逆球ばかりでしたから、まずはピリッとしろということだと思います」

 さらに小田氏は、このシーン、この緒方監督の決断に首位・広島の強さが表れていることを指摘した。

「首位を独走する広島の選手層の厚さも理由としてあると思います。こんな投球じゃ、上では投げられないぞ。次までにしっかり調整してこい。そういう強いメッセージだと思います。仮にこのまま投げさせてしまったら『これくらいでも大丈夫』となってしまいますから」

首位・広島の強さを支えているのは、序盤から継投の決断を下すことができる選手層と、緒方監督の一貫した“愛のある”厳しい姿勢かもしれない。

(C)AbemaTV

【動画】広島・菊池が魅せた! 小田氏称賛「さすがニンジャ!ヒット3本分の価値ある美技」 【動画】サイクルまであと1歩まで迫った! 広島菊池、打撃も爆発!! 【動画】ロペス、意地の同点タイムリー

あなたにおすすめ