仲村トオル、資金調達のため美人社長と食事へ…『ラストチャンス 再生請負人』

仲村トオルが主演を務めるドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~)の第4話が、8月6日に放送。主人公の樫村徹夫(仲村)は、息子の誕生日だというのに、資金調達するため十和子フード社長の十和子(水野美紀)と食事を……。

同局では、今年4月より新ドラマ枠「ドラマBiz」が授けられ、“働く”をテーマとし、働くすべての人へ向けた上質で本格的なビジネスヒューマンドラマを届けている。その第2弾となる『ラストチャンス再生請負人』のテーマは、「会社の再生(再建)と人の再生」。第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々をドラマチックに描いていく。主演の仲村が演じるのは、大手都市銀行に勤めていたが、財閥系銀行との合併を機に、中華やイタリアンなど様々な業態を展開する飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)へ転身した樫村。

第4話では、「金を返せ!」とフランチャイズのオーナー10人ほどが会社に押しかけ、フランチャイズ権の買い戻しを要求してくる事件が発生。樫村は何とかなだめようとするが、オーナーたちの怒りは収まらない。ファンド社長の山本(大谷亮平)からはリストラを求められる。樫村は早急に資金調達する必要性を感じ、十和子フード社長の十和子と食事し、経営支援を依頼る。その日は息子の誕生日だった。さらに、樫村は十和子が独身と知って……。“謎の美女”として樫村と出会った十和子が、いよいよデリシャス・フードの再建に関わり始める。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス