おもちゃの銃を持って家を出たダウン症の男性を警察官が射殺(スウェーデン)

スウェーデンのストックホルムで、ダウン症かつ自閉症の男性がおもちゃの小型機関銃を家から持ち出し、警察官に射殺されるという事件が発生した。現在、男性の死について調査が行われているという。『Metro』などが伝えた。

8月2日の真夜中、ストックホルムの自宅からエリック・トーレルさん(20歳)が姿を消した。エリックさんはダウン症で自閉症を抱えており、言葉を話すことができなかったようだ。エリックさんの姿がないことに気付いた家族は、早朝に行方不明届を出すも、エリックさんは路上で警察官3人に射殺されてしまった。地元メディア『Expressen』によると、午前4時頃に銃声を聞いた目撃者はこのように話している。

「警察官らは、男性に武器を地面に置けと叫んでいました。男性は地面に倒れていて、さらに警察官が到着し救急車も来ました。」

エリックさんはプラスチック製の小型機関銃を持っていたことが原因で、警察官3人に腹部を撃たれ、2時間後に死亡が確認された。父親のリッカードさんは「目を覚ますとエリックがおらず、外に出て探しました。通りにパトカーがあり、警察官3人に息子は腹を撃たれたのです」と話している。母親のカトリーナ・ソーダーバーグさんは「危険人物だと言ったんですよ、警察は。私たちは警察の嘘や出まかせに怒り心頭です。息子は3歳ほどの知能しかなく、ハエ1匹も傷つけないような心の優しい子なんです」と述べている。エリックさんが持っていたおもちゃの機関銃はギフトで貰ったもので、エリックさんはこれまで一度も使ったことがなかったそうだ。

警察は「脅威的状況にあった」と話しているが、エリックさんを射殺したことが不祥事であるか否かについては調査が行われているようだ。このニュースを知った人からは「自閉症で言葉を話せない男が機関銃のようなものを持っていたとなると、状況としては最悪だろうな。自分でもきっと撃つと思う。こういうことを避けたいならば、障がい者や子供に本物に見えるようなおもちゃの銃を与えるべきではない」「射殺する前にせめて警告とかはできなかったんだろうか。言われてもわからなかったのかもしれないな。悲劇としか言いようがない」「私にも15歳のダウン症の娘がいるけど、精神年齢は4歳ほどよ。ダウン症の大人って本当に無邪気で害がないのよ。まったくもって悲しい事件だわ」「こんな形で息子を亡くした両親が気の毒すぎる」「ひどい話だ。だが警察官も、まだ薄暗い明け方に銃らしきものを持った人物に対しての決断を素早くしなければならなかっただろうから、仕方のないことだったのかも」「おもちゃの銃をもう製造するのは禁止すべきだと思う」といった声があがっている。

画像は『Metro 2018年8月3日付「Man with Down’s Syndrome shot dead by police after he fled home with a toy gun」(Picture: Facebook)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ