三代目JSB山下健二郎が見せた“根性”を鈴木おさむが絶賛「八王子ゾンビーズ」開幕!応援上演の試みも


009978.jpg

2018年8月5日(日)に東京・TBS 赤坂 ACT シアターにて舞台「八王子ゾンビーズ」が開幕した。本作は、「音楽×ダンス×ゾンビ」をテーマに、鈴木おさむが脚本・演出を手掛けた作品。初日前には、公開ゲネプロと囲み会見が行われ、主演の三代目J Soul Brothersの山下健二郎をはじめ、久保田悠来、藤田玲、駿河太郎、そして脚本・演出の鈴木が登壇し、意気込みを語った。

開幕を迎え、山下は「早くステージに立ってお客様に観ていただきたい気持ちが強いです。稽古も楽しく、皆で作り上げた感じがして。脚本も鈴木さんのオリジナルで、エンターテインメント色が強いし、感動する部分もあるので、年齢問わず多くのお客さんに楽しんでもらえると思います」と早る心の内を明かした。

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_3

本作の大きな要素の一つ“ダンス”においては、山下もアレンジに加わったという。「ダンスに関しては、自分が(三代目JSBの)パフォーマーということもあり、中途半端なものにはしたくありませんでした。だからこそ、だれにでも簡単に踊れる振付ではなく、攻めたものを作ったつもりなので、ぜひ注目していただければと思います」と自信を見せた。

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_14

そんな山下の座長ぶりについて、駿河は「(山下が出演している)朝の番組を観ていたので、どんな人かなと思っていたのですが、本当にそのままの人です」、藤田は「皆と同じ目線で接してくれてありがたかったです」とコメント。久保田も「一緒に作るという空気を作ってくれる、座長らしい座長です」と同意しながら、「あと、中華をおごってくれましたね(笑)」と加えた。山下も「本番中にも、皆で行きたいね」と答え、座組として親交を深めた様子が垣間見えた。

鈴木も「売れている人の共通点は根性なんですよ。自分が分からない分野に入るのは怖いはずなんですが、そこに対してツッコんでいく勇気と根性がある。本人の口から聞いたことはないんですけど、三代目の看板を背負って戦っている感じが半端ないですね!」と絶賛。

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_12

山下は「照れますね・・・(笑)」と言いながら、「あまり意識はしていなかったんですが、皆で一つのものを作り上げる中で、青春を感じたので、それを舞台の上でも発揮したいと思います。誰一人欠けることなく、夏を楽しみながら、最後まで最高の舞台になるようにがんばります」と締めくくった。

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_15

【あらすじ】
「ダンサーになる」という夢に破れ、自分を見つめなおすために、八王子の山奥にある「希望寺」を訪れた羽吹隆(山下)。その寺は、八王子市長の大池(RIKACO)とも縁のある有名な寺だったが、満月の夜、隆は不穏な出来事を目撃する。それは、お寺の墓場でゾンビと戦う住職の孔明(駿河)や僧侶の一人・一刃(早乙女友貴)の姿だった。「ここで見たもののことは忘れろ」と強く住職に言われたものの、気になった隆は再び墓場を訪れる。

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_6

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_7

そこで出会ったホームレスの太山(酒井敏也)と清掃員の海(隅田美保)と目撃したのは、やはりゾンビ。しかしよく見ると、彼らは皆、陽気なイケメンだった。仁(久保田)、楓(小澤雄太・劇団EXILE)、琉斗(藤田)、快斗(丘山晴己)、翼(高野洸)、瀧(牧島輝)、三太(井澤巧麻)、四太(前田隆太朗)、合わせて「八王子ゾンビーズ」と名乗る彼らは、隆に「ダンスを教えてくれ!」とせがむ。

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_9

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_10

彼らが言うには、満月にダンスを捧げることで成仏できるのだが、それを住職たちに邪魔されているとのこと。住職の指示により見張る僧侶の一人・下田(加藤啓)に監視される中、隆とゾンビたちの交流が始まったが・・・。

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_5

これが初の主演舞台となる山下だが、気負うことなく、まっすぐ等身大の青年と向き合っていた。山下と言えば、やはりダンス。本作では“物語る”ダンスを見せてくれる。山下自身が物語を踏まえて「アレンジした」という効果が随所に効いており、ぐっとくる仕上がりになっていた。

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_4

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_11

隆とちょっとおバカなゾンビたちのやりとりは、コミカルで回を重ねるごとにテンポ感が増し、よりコミカルになっていきそうだ。また、m-floの強みを活かしたメロウな主題歌、☆Taku Takahashiが書き下ろした劇中曲が耳に残る。シーンによって少しずつ違って聴こえ、物語のコントラストを強めていた。

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_2

本作では一部、「応援上演」という試みが取り入れられている。「応援OK」というパネルが、舞台の上手・下手に登場しているシーンのみ、役名を叫んだり、クラップしたり、タンバリン(物販として販売)を叩いたりと、客席から音を出すことができる“参加型”エンターテインメントとなっている。下田役の加藤が、開演前に説明してくれるので、よく聞いて気持ちをあたためよう。

なお、キャストへの呼びかけを行う際は役名に限りOK、パネルが出ていない時はタンバリン・クラップ、掛け声などすべて応援は禁止なので、ご注意を。
※物販にて販売しておりますタンバリン以外のタンバリンの持ち込みは禁止
※サイリウムやうちわなど、タンバリン以外の応援グッズは持ち込み禁止
※劇場内でのカメラ・携帯電話などによる写真撮影、映像の撮影、音声の録音などは禁止(法律でも禁止されている)

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_13

「八王子ゾンビーズ」は、8月5日(日)から8月19日(日)まで東京・TBS 赤坂ACTシアターにて上演。なお、千秋楽となる8月19日(日)17:00公演では、全国の映画館でライブビューイングが開催される。上演時間は休憩なしの約120分。

◆舞台「八王子ゾンビーズ」千秋楽公演 ライブビューイング
【日時】8月19日(日)17:00開演
【会場】全国各地の映画館
http://liveviewing.jp/hachioji-zombies/
※開場時間は映画館によって異なる
※大阪府では16歳未満の方で保護者同伴でない場合は、終映が19:00を過ぎる上映回には入場不可
【料金】3,600円(税込/全席指定)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料
【チケット一般発売(先着)】8月7日(火)18:00~8月14日(火)23:59
受付URL:ローソンチケット http://l-tike.com/hachioji-zombies-lv-pr/ (PC、MB、スマホ共通)
※一般発売は、全国のローソン、ミニストップの店内端末「Loppi」でも販売
※一般発売は先着順での受付のため、予定枚数に達し次第受付終了

【公式HP】http://www.hachioji-zombies.com/
【公式Twitter】@HACHIOJIzombies

「八王子ゾンビーズ」舞台写真_8

(C)舞台「八王子ゾンビーズ」製作委員会

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス