ハイヒールの痛みを減らす靴選びと「美しくて痛くない歩き方」って?

OTONA SALONE

2018/8/5 19:00



魅力的な女性の必須アイテム、ハイヒール。

履くメリット自体、「美しく見えるため」がすべてと言っても過言ではありません。

スタイルよく見えますし、脚だって長く見えます。

かかとが高くなるとふくらはぎのラインも引き締まり、色っぽくなります。

その代償とも言えるデメリットは?




でも、メリットの分だけデメリットがあります。

まずは、痛みや疲労感ですよね。

つま先や指の付け根の痛み、ふくらはぎや足首の披露。辛い経験は誰しもが経験していると思います。

おまけに早く歩けず、長時間も辛く行動に制限も出ます。

しかし、女性は敢えて履くのです!

冒頭で書いたように「いいオンナ・できるオンナ」度をアップするために。

せっかく辛い思いをして履くのなら、そのメリットを確実に手に入れて、

デメリットをできるだけ軽減して笑顔でエレガントに履きこなしましょう!

ヒール高の分だけ身長が伸びるわけではない


多くの方はハイヒールを履くことを考えた時に、

暗算で「これを履いたら私の身長は○○センチになるっ!」と考えますが…

しかし!

必ずしもハイヒールの高さ分だけ伸びた身長にはなりません。

皆さんご自分の身長はご存知だと思いますが、

健康診断などで身長を測る時は、少しでも高い身長を記録したいという思いからシャキッと立ちますね!

この時だけは猫背が治ってしまうくらいに(笑)。

また、頭の向きなど、計測してくれる人のアシストもあることでしょう。

とても大事なのは、

ハイヒールを履いた状態でもそのようにまっすぐ立つことができるか?

そして歩き続けられるか?

この2点なのです。

試着のとき鏡で見た「理想の姿」を保つのが難しい



7センチのヒールでしたら、自分の身長が7センチアップすると思って、購入すると思います。

163センチの身長ならばプラス7センチで、

170センチになると多くの方が思っているはずです。

でもこれが大きな間違いなのです……。

ショップで出会った素敵なハイヒールを試着して、

一瞬だけ集中してポーズを決めて鏡に写った自分の姿はそう見えても、

いざ歩くとそうは見えなくなってしまいます。

実質170センチのはずがそう見えないよう邪魔をしてくるのはやはり「姿勢」です。

日本人に多い猫背ですが、真っ直ぐに立つのと猫背では、どのくらい身長が低く見えるのか?

私が実際に猫背になってみて、生徒のみなさんにお聞きしてみたら、

3センチから10センチも低く見えると言われました。

10センチならまだしも、背中が腰から曲がる事も考えられます。

猫背を放っておくと、将来的には、数十センチくらい低く見えてしまう場合もあります。

私達の親世代によく見られる姿勢です。

人間の体はそれほど癖が染み付きます。

猫背だけではなく、首が前に出ている女性も多く、その場合も2センチから3センチくらい背が低く見えてしまいます。

姿勢良く携帯を見る時とうつむいて見る時では、頭の位置が大きく変わる事は、

なかなか自分でも気がつかないものです。

更にヒザを曲げてしまうと3センチは低く見えます。

これら全てが合わさってしまいますと、最低でも8センチは低く見えてしまうなんて!

7センチのハイヒールを履いても猫背で首を前に出してヒザを曲げると、

163cm-8cm

と、差し引くとマイナス1センチです!

背が高く見えないどころか、逆に残念な姿になってしまいます。

では、どうすれば痛くない靴を選べるの?次ページ


ハイヒールを上手く履きこなすコツは靴選びからです!




まずは足が痛くなりにくい靴を選ぶ事。

必ず試着してみましょう。

底にシリコンなどの底敷きを敷くと足の底の痛みが緩和されるのでおすすめです。

ただし購入してから敷くと靴のサイズが変わるので、ショップで底敷きを借りて敷いて試着してみると良いです。

爪先立ちをしてもかかとが脱げない靴を選びましょう。

歩いてみて、痛いところが無いか?靴に変なシワができないか?安定しているか?

などをしっかりと確かめてから購入しましょう!

ヒザを曲げずに歩ければ痛みが出にくい!



体重が靴にかかりますが、背筋をしっかり伸ばして上半身を引き上げると、

靴に対しての負担が軽くなる感じがすると思います。

目線は10メートルほど先の自分の身長あたりを見るようにしますと首が曲がりません。

着地と同時に足の上に上半身を乗せると、ヒザが曲がりにくくなります。

脚の付け根は股関節ではなくみぞおちの辺りだと意識して、そこから脚を出すような感じです。

自分の身長が一番高い状態で、水平に移動するイメージで歩きましょう。

ハイヒールは痛いと決めつけがちですが、綺麗に歩けると痛みが出にくくなるのです。

現在のハイヒールの起源は16世紀末の欧州といわれてますが、

数百年という歴史の中でデメリットが少なくないのに淘汰されずに存在しているのには理由があり、

それはハイヒールでなければ出せない女性の魅力があるからなのです。

意識して履くことができたら必ず美しい印象と高貴さを与えてくれます。

美しく履きこなし常に上質な魅力をまとうように意識してください!

その結果女性としての幸せに必ず繋がることでしょう!

■編集部の櫻田先生レッスン体験記は→こちら( https://otonasalone.jp/55312/ )
■airseaウォーキングスタジオ(仙台)
http://www.chiaki-walk.com/

毎月第二日曜日に東京でもレッスンあり!


櫻田千晶先生の連載「ウォーキングis人生」

1・姿勢が悪い人は「美しい人」とは思われない。あなたは歩き方のココを見直して( https://otonasalone.jp/69397/ )

2・3秒で「美姿勢」が手に入る!3つの簡単なチェックと改善( https://otonasalone.jp/72344/ )

3・誰もが勘違いしている?ハイヒールのメリットとデメリット( https://otonasalone.jp/75843/ )

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス