マクドナルドでラテを注文した妊婦、洗浄液入りカップを手渡される(カナダ)

マクドナルドのドライブスルーでラテを注文した女性。しかし中に入っていたのはラテマシーンを洗浄していた酸性溶液だった。幸いにも女性は飲み込む直前に気付き、体に異常はなかったものの今回の件に注意喚起を促した。『CBC.ca』『Metro』などが伝えている。

カナダのアルバータ州に住むサラ・ダグラスさんは7月29日の朝、息子を野球のトーナメントに送っていくために車で向かう途中、レスブリッジのアウトレットにあるマクドナルドのドライブスルーに寄り、ラテを注文した。

ラテを一口含んだサラさんはすぐに味の異変に気付いた。そしてカップの蓋を開けると化学薬品の刺激臭が鼻を突き、慌てて車を止めてラテを吐き出して水で口の中を濯いだ。カップの中にはラテではなく、水が茶色に濁ったような液体が入っていたという。

その後すぐにドライブスルーへと戻り、現場責任担当のスタッフに事情を説明した。スタッフは新しいラテを代わりにオファーしたがサラさんは拒否し、このことは受け入れ難いものであると伝えた。上司と話をしたいとサラさんは食い下がったが、マネージャーが不在だったためにスタッフはサラさんにマネージャーの電話番号を教えた。

スタッフはサラさんが注文した時に、ラテマシーンを洗浄している最中にラテを注いでしまったことを明かした。サラさんは見せてもらった洗浄液の注意書きを証拠として写真に撮り、アルバータ州衛生局の毒物管理課へ連絡、起こった出来事を通報した。

この店の経営者ダン・ブラウンさんは31日にサラさんへ連絡し、ドリンクマシーンは毎朝洗浄しており、サラさんの注文を受けた時にはちょうど洗浄液がミルクの注入部分に接続されてあったことを認めた。加えてすぐに衛生管理局の訪問を受けたが、現在調査は終了していることを伝えて謝罪した。

サラさんは衛生局からこの洗浄液が酸性溶液であることを聞いたが、写真に撮った洗浄液の注意書きにも警告マークがプリントされ「使用時にはゴム製手袋を装着し、使用中は目を覆う必要がある。万が一皮膚に触れた場合は直ちに洗い流すように」と記されている。

妊娠37週のサラさんは液体を飲み込まなかったものの、万が一のことがあってはとすぐにかかりつけの医師の検査を受けた。しかし幸いにも体に異常はなかったようだ。これまで同店でこのような経験をしたことがなかったというサラさんだが、有害の酸性溶液がジュースや他のマシーンに接続されたままの状態で、知らずに口に入れてしまう危険性を考慮し、メディアを通して注意喚起を促すことに決めたようだ。サラさんは「口に含んだ瞬間、化学薬品の味がして一気に多くのことが頭の中を駆け巡りました。でも一番不安になったのは、お腹の胎児に何かあったらどうしようということでした。今回の件が、今後スタッフのトレーニングに活かされ、客への安全性をより重視してもらえるようになればと思っています」と話している。

画像は『CBC.ca 2018年8月3日付「Pregnant mom served cleaning solution instead of latte at southern Alberta McDonald’s」(Supplied by Sarah Douglas/Lethbridgenewsnow.com)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス