田中道子、涼やかで華やかな浴衣姿を披露 出演中の“月9”ドラマのウラ話も語る

GirlsNews

2018/8/4 06:58


女優の田中道子さんが今年初の浴衣姿を初披露。また出演中のドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の今後の展開やウラ話についても話した。

自身のテーマカラーが「青」と話す田中さんは、身につけた浴衣を「青が好きなんです。涼しげで知的なイメージがあって。今日の浴衣もクールさがあって、牡丹の花が華やかさを出しているかと思います」と話し、「ちなみに家の家具も青が多いです。リラックスできると聞きまして」と笑顔で話した。

2016年に『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)で女優デビューし、

2017年『貴族探偵』(フジテレビ系)、今年は大河ドラマ『西郷どん』(NHK)、『犯罪の回送』(テレビ東京系)と出演し、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』でドラマ5作品目となる。

6日に放送予定の第5話ではそれまでのキャラクターから徐々に変化する姿を見せる。「コミュニケーションが苦手な捜査一課刑事・巡査長という役どころで、無表情でロボットのような女性を演じています。こういった感情を出さない役は初めてで、共演者の沢村一樹さん(井沢範人役)、マギーさん(早川誠二役)にアドバイスをいただきながら撮影しています。第5話からはそれまでと変わり、徐々に恋をしている乙女に変化していくところが注目です(笑)。今作は恋愛要素があまりないため、共演しているマギーさんからは『唯一、月9っぽいね』と言われました」と笑う。

マギーさんとは「待ち時間にも演技の練習にお付き合いいただいてすごくやりやすいです。ベテランの演者さんも多いので学ぶところが多く、置いてきぼりにならないように勉強中です!」と語る。

刑事役は『犯罪の回送』に続き2作目となるが、今作では犯人との接触がなく「捜査一課という役どころなのに役に立っていないね」とマギーさんと話しているそう。

主演の沢村さんからはいじられる機会が多く「私、カフェオレが大好きでいつも飲んでいるのですが、ケータリングでカフェオレを入れていただいたときはものすごくテンションが上がりました!プライベートなことも話してくださいますし、気のいいお兄ちゃんという感じです。分け隔てなくどなたとも接するので現場も和やかですごく楽しい撮影です!」と楽しそうな現場の様子を明かす。

2016年の女優宣言からまもなく2年を迎えるが、『ドクターX』でドラマデビューさせていただき、今年はNHK大河ドラマ『西郷どん』にタマ役で出演させていただきましたが、当初は不安ですごく怖かったです……。実は熱が出てしまったり、胃を悪くしたりといろいろありましたが、番組をご覧になった方から出演終了後『タマがいなくなってさみしい』という声をいただき、『西郷どん』への出演で自信がつきました。女優宣言から2年たって今は毎日が本当に楽しいです!これからもずっと楽しみたいですね」と目を輝かせる。

8月24日に誕生日を迎え29歳となる。「もともとアクション女優になりたいと思ってこの世界に入ったので、アクション女優として主演を目指したいです!漫画も大好きなので漫画原作の実写化作品に出演したいですね!」とこれからへの意気込みを語った。

あなたにおすすめ