仲川遥香、AKB48時代の『抱きしめちゃいけない』を懐かしむ「時間の流れって早いな」

8月2日に横浜アリーナで開催された『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート~』2日目は『第10回AKB48世界選抜総選挙』で16位~2位(1位のSKE48松井珠理奈は体調不良で休養中)に入ったメンバーが出演した。8位のSKE48大場美奈はソロステージで、AKB48時代に初めて選抜総選挙でランクインした思い出の楽曲『抱きしめちゃいけない』をチームKIIのメンバーと披露した。

2011年6月9日に開票イベントが行われた『AKB48 22ndシングル 選抜総選挙』(第3回AKB48選抜総選挙)で1位になった前田敦子をはじめ上位21位までが22枚目シングル『フライングゲット』の選抜メンバーとなった。そのカップリング曲『抱きしめちゃいけない』を歌ったのが22位から40位までのアンダーガールズ19人である。

22位の梅田彩佳がセンターを務め、高柳明音、仲川遥香、多田愛佳、平嶋夏海、宮崎美穂、山本彩、大家志津香、大矢真那、仁藤萌乃、小森美果、秦佐和子、佐藤すみれ、大場美奈、須田亜香里、前田亜美、松井咲子、市川美織、藤江れいなといった、今思えばなかなかの顔ぶれだ。

その1人、梅田彩佳が0時過ぎにSNSで「みなるんが“抱きしめちゃいけない”を歌ったんですよね。始まる前にこそっとラインで教えてくれました。大事に曲を生き続けさせてくれて嬉しいな」とつぶやいた。

また、チームKIIでパフォーマンスした高柳明音が「8年前の自分の衣装着れました…衣装は褪せても、思い出も曲も色褪せない!」とツイートすると、梅田が「久しぶりに抱きしめちゃいけないの曲を思い出してほっこり」「立ち位置もセンターが緊張しすぎてPVでも振り間違えてるなーとか。終わった瞬間、ホッとして泣けたなぁとか。大切な一曲」とつぶやいたところ、インドネシアから仲川遥香がコメントしてきた。

「あの撮影大変だったけどすごく楽しかったなっ ほぼみんな卒業しちゃってるのかと思うと時間の流れって早いなって感じるねっ」と感慨深げな彼女のツイートに、梅田が「はるごん もうほぼ卒業してるもんね。笑」「ツイッターではるごんの活躍見てるよー! 頑張ってね」と応じている。

AKB48やJKT48で活躍した仲川遥香は、2016年12月30日にJKT48劇場公演をもって48グループの活動を終了した。現在は電通インドネシアに所属しており、7月5日に「オロナミンCインドネシアのアンバサダーに選ばれました!」「オロナミンCのCMに出れるなんて。日本で上戸彩さんが出ててずっとこんな人みたいになりたいって思ってて。そんなCMにでれて幸せです」とツイートした。

仲川遥香が描かれた「オロナミンCバス」がジャカルタの街を走っており、『第18回アジア競技大会』がインドネシアで8月18日に開幕することから彼女も「もうすぐアジア大会もジャカルタであるから沢山の人にオロナミンCバス見てもらえるかなっ」と楽しみにしている。

JKT48は『第10回AKB48世界選抜総選挙』の時期がイスラム教の断食月(ラマダン)明けの祭日「レバラン」と重なったことで参加を辞退したが、もし仲川遥香がまだ卒業しておらず「イスラム教ではないので」と出馬していたことを考えると興味深い。

画像は『Haruka Nakagawa 仲川遥香 2018年7月5日付Twitter「今回オロナミンCインドネシアのアンバサダーに選ばれました!!」、2018年8月1日付Twitter「ジャカルタでオロナミンCバスが走ってます」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ