あっとせぶんてぃーん、「TIF」での新曲お披露目に向けて「新たな一面をお見せできると思います!」(あかりん)

東京・秋葉原のメイドカフェ「@ほぉ~むカフェ」の現役メイドによるポップユニット・あっとせぶんてぃーんが、8月4日(土)、5日(日)の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018 」(8月3日[金]~5日[日]、お台場・青海周辺エリア)に出演する。

2016年から3年連続で「TIF」に出演しているあっとせぶんてぃーん。そこで、メンバーを代表してリーダー・あかりん、サブリーダー・らめ、あいくの3人に、過去の思い出や今回の「TIF」への意気込みなどについて語ってもらった。

――「TIF」を間近に控えた、今の心境をお聞かせください。

らめ:去年が本当に楽しかったので、「もう、1年経ってしまったのか…」というのと、「今年も楽しみ!」というポジティブな心境です。昨年は3日間で5ステージに出させていただいて、今回は2日間で2ステージになるので、ステージ数が少ない分、ご主人様お嬢様たちの印象に残るようなパフォーマンスを見せられたらと思っています。

あかりん:あっとせぶんてぃーんは、今回で3回目の「TIF」の出演になっていまして、私個人としても1年目から初代あっとせぶんてぃーんとしてやってきたので、3回目の「TIF」になります。3年目でも緊張はしているんですけど…。この3年、メンバーが変わったりする中で「頑張っていこう!」という気持ちでワンマンとか色々乗り越えてきたので、そんな成長したあっとせぶんてぃーんを、ご主人様お嬢様に見ていただけたらなと思います。そして、去年よりも熱いステージになることが期待できるので、それが今からとても楽しみです。

あいく:あっとせぶんてぃーんは元々、この「TIF」に参加するために結成されたユニットということもあって、「TIF」とあっとせぶんてぃーんの結びつきってすごく強いなって思っています。あとは、あっとせぶんてぃーんの楽曲の中で「summer time」という楽曲があるんですが、その曲が私たちの曲の中でもご主人様お嬢様に人気なんです。この「TIF」と、夏と、あっとせぶんてぃーんが関連づいている気がしていて、また今年も「TIF」に出演させてもらうことで、あっとせぶんてぃーんの夏、あっとせぶんてぃーん自体が今年も始まるなっていう感じで、すごく楽しみです。

――過去の「TIF」で、思い出に残ってる事はありますか?

らめ:あかりんは去年の「TIF」が2度目のステージだったんですが、私とあいくさんは初めてのステージだったので。しかも、「TIF」ってたくさんのご主人様お嬢様がいらっしゃるじゃないですか。デビューステージがめちゃくちゃハードル高いっていう。

あかりん:大規模なアイドルフェスティバルだからね。

らめ:すごく大きな中でのデビューステージだったので、去年は本当に緊張しました。

あいく:緊張したね。しかも「TIF」に向けてのレッスンが本当に密で、細かい微調整を着実にしていったんです。

あかりん:やはりメンバーが18人ということで、他のアイドルさんよりも多くて。1つ1つのステージの幅が、全然違うんですよ。

あいく:本当に気が抜けなくて。

あかりん:ステージに18人入るよう、頑張った感じ。

あいく:初のステージが緊張する大きなステージだったので、それが思い出かな。

らめ:その分、「TIF」が直前に迫った今は、だいぶアイドルとして成長できたんだなという気持ちになっています。

あかりん:個人的な去年の思い出なんですけれど、あっとせぶんてぃーんの集合時間に起きてしまって大寝坊してしまったんです。その時の、焦りと罪悪感が今でも記憶に残っていて。ステージには間に合ったんですが、今年はそれは絶対にないようにします!

あいく:今年はリーダーっていうポジションだから気が抜けないよね?

あかりん:本当に気が抜けないです。今年はいい思い出を残したいと思います。

あいく:去年は3日間「TIF」の会場にずっといさせていただいたので、待ち時間にメンバーでケータリングを食べてる時間とかも思い出ですね。ちょっと部活っぽかったかなっていう。

らめ:「TIF」で、かなり絆が深まりましたよね。

あいく:深まったね。楽しかったですよ。

――バックステージでの思い出はありますか?

あいく:個人的にですが、暑くて長丁場のお仕事だったので、バテてるメンバーもいれば、だんだん元気がチャージされているっていう人もいて。私は待ち時間に元気がチャージされ過ぎて、夏バテしているメンバーの食券を奪って(笑)、ケータリングで人より多く食べるっていうことをしていたりしていて。

あかりん 本当に?

あいく:はい。私、唐揚げ丼を1日に何杯も食べました。夏バテで食欲なくすかなと思ったんですが、「TIF」はがっついていましたね。いろいろな意味で(笑)。恥ずかしい…(照)。

あかりん:私もアイス3つ食べちゃった。

あいく:やっぱ食べますよね?

あかりん:あっとせぶんてぃーんのオリジナルアイスを販売したんですよ。そのアイスを3個食べましたね。

あいく あとは、初めての5ステージで緊張していたっていうのもあるんですが、控室に元々知っていたアイドルさんたちがいっぱいいるっていう状況がお祭り騒ぎで。「やばい、アキシブ(project)のるーるるちゃん(小此木流花)がいる!」とか、そういう楽しみもありましたね。るーるるちゃんに会ったのが本当に嬉しかった!

――話し掛けたわけですね。

あいく:掛けられなかったので、今年は話し掛けたいなと思います。

らめ:私たちって去年、控室にいる時点ではまだデビュー前だったんですよ。

あいく:勝手にアウェイを感じていたよね。

らめ:そうそう。まだ気持ちが一般人というか、アイドルになりきれてない、ステージにすら立ってないみたいな状況だったので、ソワソワずっとしていました。

あかりん:ステージ終わってからも、「ステージどうだったかな?」って思ってTwitterでエゴサしたりしていて。“あっとせぶんてぃーん”で検索かけてました。

あいく:エゴサしてましたね。「TIF」を見て「あっとせぶんてぃーん新体制、いいじゃん!」ってなってくれた方が本当に多くて。その後のお屋敷でのお給仕のときも、すごくリアルな感想が聞けて印象的でした。

――どんな事を言われましたか?

あかりん:@ほぉ~むカフェを知らないご主人様お嬢様が「TIF」の会場であっとせぶんてぃーんを見て、私たちの特典会に来てくれて。「さっきのステージ見ました」っていう方がちらほら。チェキとかも撮ってくださって、嬉しかったですね。

あいく:「TIF」の影響力は大きかったですね。

あかりん:「TIF」から知って、お屋敷にご帰宅してくださる方もいたので、やっぱりそこが嬉しかったですね。

――今年は何が楽しみですか?

らめ:やっぱり、新曲を早くご主人様お嬢様に聞いてもらいたいですよね。

あかりん:毎年、あっとせぶんてぃーんは「TIF」で新曲を初披露させていただいているんですが、今年もあっとせぶんてぃーんの5thシングルをステージで初お披露目させていただきます。タイトルは当日、会場で発表になりますが、今までのあっとせぶんてぃーんとはガラリと変わって、曲調も大人の女の人みたいな感じっていうか…戦う女みたいな!

あいく:今まではメイドアイドルユニットっていう感じだったんですが、今回は1人1人の女の子の等身大を描いてもらっています。見せ方も今までと違った感じにしようと、今もレッスンを頑張っています。なので、みんなからどんな反応がもらえるのか楽しみですね。

らめ:楽しみですね。2ndシングルから、ずっとカジヒデキさんに楽曲をプロデュースしていただいていたんです。でも、今回は違う方に曲を作っていただいていて、カジヒデキさんワールドのあっとせぶんてぃーんとは違ったあっとせぶんてぃーんもお見せできるんじゃないかなと思っています。

あいく:今まではメイド服を生かした可愛らしい振り付けが多くて、そういうのの見せ方もこだわってきたんですが、今回はフォーメーションとか、18人だからこそ見せられるものになっていて。今までとは全然違ったステージになりそうです。

あかりん:格好良い曲ってあまりなかったので、今回とても新鮮だと思います。

あいく:上手くこなせるかは不安ですが…愛嬌が出てきたので(笑)。ステップも難しくて、元々メイドしかやってなかったので、変な千鳥足にならないか心配です。

あかりん:萌えでやってきたので、また真逆の良さがね。これが格好良く決まれば、また新たなあっとせぶんてぃーんをお見せできると思うので、頑張ろう!

あいく:頑張りましょう。

あかりん:今、絶賛頑張り中ですので。

あいく:楽しみはそこですね。初めての挑戦。

――新曲は、どんなところに注目してもらいたいですか?

あいく:1人1人の叫びみたいな感じで。

あかりん:私は初めて聞いた時、今のあっとせぶんてぃーんの曲だなと思いました。歌詞とかが今の私たちにぴったりで、「乗り越えたい山があるけど、それをどうやって乗り越えたらいいか?」っていう、色々悩んで悩んで…泣きそう。難しい、パス(泣笑)。

らめ:「どうやって乗り越えていこうか?」っていうので、自分と格闘していくっていうか。

あかりん:苦労、葛藤していく曲ですね。

らめ:自分を強く持っている曲だなというのが印象にありますね。私も1番最初に聞いた時から、めっちゃいい曲って思ったんですが、これを歌わせてもらえることが本当に嬉しいです! レコーディングではハモとかも録らせていただいて、私もハモ担当したんですが、すごくいい感じにハモれたと思うので、絶対聞いていただきたいなって思います。

あかりん:あと、何かを訴える曲なので、それをうまく訴えられるか!? 顔と、表情と、声量かな?

あいく:顔と表情、一緒かな?(笑)

あかりん:表情(笑)とダンスがシンプルかつ、力強いので、そこでどれだけ見せられるかが勝負かなと思います。

らめ:曲の構成が、静かなところとぶち上がるところの差が結構あって、「キタキタ!」ってなってくれると思う。

あいく:その部分が、すごくウケる曲なんじゃないかなって思います。あと、やっぱり今までメイドアイドルユニットっていうことで可愛らしい曲だったと言いましたが、「そういったイメージを、いい意味で崩していきたい!」っていう、あっとせぶんてぃーんの気持ちが歌詞にも詰まっているんじゃないかなって思ってて。本当に、あっとせぶんてぃーんのギャップが見えると思います。

らめ:色々なあっとせぶんてぃーんの可能性を、見せていきたいなと思いますね。

――では、「TIF」でどんな形で爪痕を残したい!といった目標はありますか。

あいく:今年もメイド服であっとせぶんてぃーんですっていう、メイドアイドルとして出させてもらってからの、曲でいきなりのギャップを見せて、「秋葉原にいるメイドは、こんなに格好良い顔を見せられるのか!?」っていう爪痕を残したいですね。

らめ:あっとせぶんてぃーんって、人数が多いのとメイド服っていう2つは、他にはない強みだと思っていて。初めて見たご主人様お嬢様たちには、そこだけで印象に残るじゃないですか。その分、その印象をより良いものにできるように頑張っていきたいなと思いますね。

あかりん:あっとせぶんてぃーんは1年目と2年目に「TIF」に参加させていただいた時、3曲やったんですよ。全部があっとせぶんてぃーんの曲じゃなかったんです。でも、今年からは全部あっとせぶんてぃーんの曲で「TIF」のステージに出させていただくので、あっとせぶんてぃーんワールドを見せていきたいなと思います。

らめ:今までは“@ほぉ~むカフェの歴史に支えられてのあっとせぶんてぃーん”みたいなところがあったんですが、今回からは自立したあっとせぶんてぃーんという感じで、それを踏まえるとまた新曲もぴったりだなと思いますね。

あいく:去年以上にあっとせぶんてぃーんきっかけで、@ほぉ~むカフェにご帰宅してくれる方が増えたらいいなと思います。

――そして、今年も唐揚げ丼を!

あいく:美味しいんですよ!!

あかりん:私は「TIF」終わった後に毎年打ち上げをあっとせぶんてぃーんやってるんで、その焼き肉を楽しみに頑張ります(笑)。

あいく:すごく盛り上がるんですよ。

あかりん:「TIF」の影響で、ご主人様お嬢様がお屋敷にご帰宅してくれるのが増えるので、「TIF」の後のお給仕も楽しみになります。

――初めて来る方が増えるかもしれませんね。

あかりん:あと、Twitterのフォロワー数も増えたり(笑)。

あいく:嬉しいですね!(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/156915/

あなたにおすすめ