美人お天気キャスターたちもやって来る!海の上で自由研究「そら博 in SHIRASE」

Walkerplus

2018/8/2 07:30

気象情報のライブ配信「ウェザーニュースLiVE」などを展開するウェザーニューズ社が毎年夏に催す“親子向けのお天気博覧会”「そら博」。

来たる8月5日(日)開催の「そら博 in SHIRASE」について、同社のお天気キャスターたちがウォーカープラスに見どころコメントを寄せてくれた。

「そら博」は、子どもたちの“理科離れ”が進む中、気象観察・研究の面白さ・奥深さを知ってもらおうと、ウェザーニューズ社が“そらの自由研究”をテーマに催す体験型イベント。

5回目となる今年は8月5日に千葉県船橋市、26日(日)に神奈川県川崎市にて、どちらも親子で楽しく学べるさまざまなワークショップが実施される。

そのうち「そら博 in SHIRASE」は、船橋港に停泊中の元南極観測船「SHIRASE」にて開催。今年4月にTVアニメ『宇宙よりも遠い場所』とのコラボイベントでも話題となった“地球環境の発信基地”で、雲の発生実験、空気砲実験、紫外線ビーズアクセサリー作りなどが体験できるほか、同船のイベントと共催、南極観測隊の職業体験なども行われる。

「そら博 in SHIRASE」については、お天気キャスターたちのコメントもぜひ参照のほど。彼女たちも当日は「ウェザーニュースLiVE」の合間を縫ってSHIRASEに訪れるそう(オープニングには高山奈々キャスターが来場予定)。

大人も童心に還って満喫できる“海の上での貴重な体験”を通じて、空を、天気を楽しく学ぼう!

■ ウェザーニュースキャスターたちからのコメント

「そら博 in SHIRASE」は、元南極観測船の船内で行われます。昨年好評だったワークショップを厳選して、いろんな船室で体験、工作をして「そらのナゼ?」を学べます。

また「チャレンジングSHIRASE」というイベントと共催となっており、南極観測隊の疑似体験ができたり、元観測隊の人のお話を聞くことができます。いつもは入れない船の機械室に潜入したり、夏の冒険が待っていますよ。

【文/トライワークス】(東京ウォーカー(全国版)・桑原健太郎)

https://news.walkerplus.com/article/156708/

あなたにおすすめ