“ゴクミの厳しい子育て”長女が語る

女優・後藤久美子(44歳)の長女エレナ・アレジ・後藤(21歳)が、7月31日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。母である後藤久美子の子育てや家族について語った。

母・後藤久美子と父のジャン・アレジが暮らすスイスのジュネーブを離れ、今年から日本での新生活をスタートさせたエレナは、これまでバカンスにはフランスのアヴィニョンでワインを作ったり、好きな車はスポーツカーで、速ければ何でもいい、といった生活を送ってきたとコメント。

また、母の後藤久美子は意外にもまじめで、厳しい子育てをしてきたそうで、寄り道も許さず、一度帰宅したら友人の誕生日パーティーにも出られなかったそう。そしてエレナがルールを破ると、後藤久美子は「シンジラレナーイ」とカタコトの日本語で怒っていたと語った。

さらに、挨拶としてのハグの話題となると、エレナは「(両親も)そんなにチューはしないけれど、いつもハグします。ヘイーっていいながらよくする」といったエピソードを披露。その話を聞いたさんまがエレナに対し「俺と知り合いになったから、これからやってもええの?『ヘイ』って」と語ると、エレナはためらうことなく「はい。後で。ヘイってします」と答え、さんまを照れさせて笑いを取っていた。

Twitterなどのネットでは「後藤久美子の娘、すでにマダム感ある」「アレジとゴクミの娘さんって顔だなあ」「ゴクミがこんな大きな娘さんがいることをシンジラレナーイ」「意外とおっとりしてるね」といった反応が上がっている。

あなたにおすすめ