「アニメ映画版便乗」で脱落者が急増? 『この世界の片隅に』に様々な声

しらべぇ

2018/7/30 14:00


(『この世界の片隅に』)

22日、松本穂香主演ドラマ『この世界の片隅に』の第3話が放送された。

丁寧な作品作りに一定の賞賛が集まっている本作だが、その外側では危うい騒動が起こっているようだ。

■デレるすずと色濃くなる戦争の影響


昭和19年6月のある深夜。呉に初めて空襲警報が鳴り、北條家は刈谷家と合同で防空壕を掘ることに。

そんな危うい状況のなか、結婚して3ヶ月がたち、すずは今さら周作(松坂桃李)が格好良く見えて仕方がなくなる。それは周囲にバレバレだが、すずは隠そうとせず、義姉・径子(尾野真千子)や刈谷幸子(伊藤紗莉)はキツめに当たってしまうことに。

そんな中、すずは径子の娘・晴美(稲垣来泉)と蟻を観察しているうちに、誤って配給された砂糖を水がめの中に落としてしまう。それを目撃していた義母のサン(伊藤蘭)はすずに対し、ヤミ市で砂糖を買ってくるよう、自分のへそくりを渡すことに。

その帰り道、すずが出会ったのがリン(二階堂ふみ)という美しく、艶やかな遊女で、彼女が帰り道を教えてくれる。すずが名を名乗ると、リンはなぜか「ふーん」と意味深な反応をするのだった。

■24日に「special thanks to問題」が発生


丁寧な作品作りが魅力で、視聴率的にも健闘中の本作だが、かねてからのファンの中には「special thanks to問題」で衝撃を受けた人も少なくなかったよう。



これはのんを主人公役に迎え、大ヒットした同名アニメ映画の公式ツイッターが24日にツイートしたことを発端に起きている騒動。こちらの製作委員会が実写ドラマ版について「一切関知しておりません」と、異例の発表を行なったのだ。

発表によると、ドラマ版では「special thanks to 映画『この世界の片隅に』製作委員会」とクレジットに表記されているものの、映画版制作委員会は「当該ドラマの内容・表現等につき、映画に関する設定の提供を含め、一切関知しておりません」と説明した。

■離脱者も増加か


この表記を見て、映画版の製作委員会・スタッフが多少なりともドラマ版に関わっていると思っていた視聴者からは落胆が相次ぐとともに、「クレジットに表記するなら、筋を通して伝えるべき」という意見が噴出。











中には視聴を取りやめた様子の人も確認できる。

■「各話サブタイトルも酷い」の指摘も


また、ツイッター上では「各話の(サブ)タイトルがおかしい」「ズレている」という指摘の声も。







優しく、丁寧で心に染み入る世界観が魅力だったアニメ映画版。ドラマでもそのテイストは少なからず描けているようにも思えるが、「愛と命の感動物語!」「波乱の新婚生活」はたしかに大仰に感じてしまうかも。

ちなみに、第3話は「初めての逢引、交錯する4つの運命」というサブタイトルだった。

内容的には決して悪くないものの、外側での甘さも目立つ本作。今後、そういう方面でも挽回していくことが期待されるが、いかに。

・合わせて読みたい→断水で大変さを実感 すずの水汲み描写が胸に染みる『この世界の片隅に』

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 イラスト/みかごろう

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ