【FRF '18】ディラン/チャーチズ/アンダーソン・パーク/Suchmos/HINDSらが彩った最終日

Billboard JAPAN

2018/7/30 09:00



日本最大級の野外音楽フェスティバル【FUJI ROCK FESTIVAL '18】が7月27日から7月29日まで新潟・苗場スキー場で開催された。風が激しく吹き荒れた最終日には、ボブ・ディランも登場し、来場者を沸かせた。

台風の影響で、不安定な天気が続いていたが、<GREEN STAGE>では、太鼓芸能集団、鼓童の圧巻のパフォーマンスと、<WHITE STAGE>のザ・フィーバー333の雨と風を味方にした強烈なライブアクトは、午前中から苗場を熱狂の渦に巻き込んだ。

最終日は、Suchmos、浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、cero、MISIAなど人気と実力を兼ね備えた国内ミュージシャン勢も続々登場。SuchmosのYONCEがMCで「グッドなウェザー」と語った頃には苗場の天気もすっかり回復。

今年のフジロックのキーマンの1人でもあるアンダーソン・パークもラップに、歌に、ドラムと凄まじいテクニックとセンスを見せつける。テント型のステージ<RED MARQUEE>には、スペインからのガールズ・バンド、HINDSや、ビョークとのコラボでも話題となったサーペントウィズフィート、新作アルバムをリリースしたばかりのダーティー・プロジェクターズといった多彩なラインナップがフロアを揺らした。

そして、夕暮れの<GREEN STAGE>に、これが101回目の来日ライブとなる77歳のボブ・ディランが登場。これまでのヘッドライナーたちのような派手な演出は一切なく、時折笑顔を見せながらアメリカン・ロックを奏でていく。アレンジは強めだったが、「追憶のハイウェイ61」、「くよくよするなよ」や「風に吹かれて」といった名曲も披露された。

大先輩のスペシャルなステージの後に登場したのはヴァンパイア・ウィークエンド。日本でも絶大な人気を誇る彼らの演奏が爆発。<WHITE STAGE>は、フジロック初出演のチャーチズがヒット曲たっぷりのパフォーマンスで締めくくった。

◎公演情報
【FUJI ROCK FESTIVAL '18】
2018年7月27日(金)、28日(土)、29日(日)
新潟県 湯沢町 苗場スキー場
INFO: http://www.fujirockfestival.com/

あなたにおすすめ