「ガンダム00」「楽園追放」の水島精二監督が、マネージメント・制作会社の一二三に所属

アニメハック

2018/7/27 12:00

水島精二、アーティスト写真
水島精二、アーティスト写真
 テレビアニメ「機動戦士ガンダム00」や「BEATLESS」、劇場アニメ「楽園追放 -Expelled from Paradise-」で知られるアニメーション監督の水島精二が、歌手の黒崎真音らが籍を置くマネージメント・制作会社の株式会社一二三(ひふみ)に所属することが決定した。

水島監督は、「新世紀エヴァンゲリオン」の演出などを経て、1998年に「ジェネレイターガウル」で監督としてデビューを果たし、初の劇場監督作品である2005年公開の「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」は、第60回毎日映画コンクールアニメーション映画賞や、ファンタジア国際映画祭のベストアニメ映画賞などを受賞する大ヒット作となった。14年公開の「楽園追放」も、オリジナル作品かつ13館のみでの上映ながら、興行収入1億7000万円を記録している。

一二三には、音楽プロデューサーや原作作家、放送作家、スタイリスト、漫画家、イラストレーターといった、多分野のクリエイターが所属。マネージメント業務のほか、アーティストのプロデュースや楽曲制作を中心としながら、コンテンツに関連する制作のすべてを担う包括プロデュースも行っている。

また、声優ユニット「スフィア」の振り付けを担当した振付師、演出家、書家である堀向麻未も、一二三に所属することが決定。同社は9月30日まで、シンガー、声優、作曲家、作詞家、漫画家などを対象としたクリエイター募集を行っている。

あなたにおすすめ