舞台『BRAVE10~燭~』開幕フォトレポート お芝居も殺陣も映像もパワーアップ! 30人という大所帯で臨む白熱の舞台

SPICE


霜月かいり原作のコミック「BRAVE10」の舞台第二弾『BRAVE10~燭~』が、7月26日よりなかのZERO大ホールにて開幕した。

続編である今回の舞台は、前回の事件を経て人間関係が大きく変化。十勇士たちがわちゃわちゃとそばを食すような平和なひと時があるかと思えば、素早い殺陣や、戦国の世で戦いの中に身を置く者の葛藤など心が痛くなるような描写も。一部キャストの変更もあったが、会場も大きくなってさらに進化した「BRAVE10」が展開される。

SPICEでは本舞台にむけてのインタビューも公開中。ビジュアル撮影の小話も掲載中なので、ファンはぜひチェックを。
→舞台『BRAVE10~燭(ともしび)~』から中村優一、小坂涼太郎、遊馬晃祐、小波津亜廉 新作舞台の前に前作が見たくなるマル秘エピソード満載のインタビュー!
左:中村優⼀(霧隠才蔵 役)、右:伊藤優⾐(伊佐那海 役)
左:中村優⼀(霧隠才蔵 役)、右:伊藤優⾐(伊佐那海 役)

左:末野卓磨(徳川秀忠 役)、右:護あさな(アナスタシア 役)
左:末野卓磨(徳川秀忠 役)、右:護あさな(アナスタシア 役)

左:⼩波津亜廉(根津甚⼋ 役)、右:鷲尾修⽃(筧⼗蔵 役)
左:⼩波津亜廉(根津甚⼋ 役)、右:鷲尾修⽃(筧⼗蔵 役)

左:⼩坂涼太郎(伊達政宗 役)、右:伊万⾥有(真⽥幸村 役)
左:⼩坂涼太郎(伊達政宗 役)、右:伊万⾥有(真⽥幸村 役)

左:寿⾥(真⽥信幸 役)、右:伊万⾥有(真⽥幸村 役)
左:寿⾥(真⽥信幸 役)、右:伊万⾥有(真⽥幸村 役)

舞台『BRAVE10~燭~』
舞台『BRAVE10~燭~』

関係者向けに公開されたゲネプロと囲み会見では、前回よりもパワーアップしたという舞台に向けての熱量の高さや、キャスト同士の仲の良さ、信頼や絆を感じさせられた。各所見どころはあるが、特記したいのが海野六郎と七隈が戦うシーン。二役の彼がどうやってもう一人の自分と戦うのか――その実態はぜひ劇場で。

キャスト同士の仲の良さが伺える、ゲネプロ公演前の囲み取材


霧隠才蔵役 中村優一:前回の舞台を見に来てくださった皆さまの応援のおかげで続編を開催することができて、大変嬉しく思います。今回は去年よりもキャストの人数が増え、アンサンブル含めて約30人という大所帯となりました。前回よりもお芝居も殺陣も映像もレベルが上がっていて、てんこ盛りになっております。見どころたくさんです!

真田幸村役 伊万里有:前回の幸村は結構十勇士をバシッとまとめてくれて、半蔵がばばっと敵をやっつけるという感じだったんですが、今回はいろんなトラブルが起きるわけです。トラブルと言えば……昨日(演出の)ヨリコジュンさんが「嫌なことが起きたんだけど、今回の舞台の悪い運は俺が全部吸い取ったから」って言ってたんです。そして場当たり終わって家に着いてみたら、鍵がない! 楽屋に鍵を置いてきちゃったんですね。だから俺、家に帰ってないの。

(ざわつく一同)

小坂:まじ!?

伊万里:その後中野でホテル取ろうと思ったら、10万以上とかする値段が高いホテルしかなくて、カプセルホテルに泊まりました。で、自販機で飲み物を買ったらおつりが帰ってこない。

遊馬:フルコースじゃん……。

伊万里:その後、朝ごはんを食べに行って、それがおいしかったので気持ち入れ替えられたと思ったら、今度はトイレットペーパーがない。ヨリコさんが舞台の悪い運持っていったって言ってましたが、観に来るお客さんの悪い運気も俺が全部受け止めたので、安心して見てくださいってことです!

海野六郎/七隈役 宮城紘大:キャストも増えてすごい素敵な作品となっています。僕個人的には前作同様、今回も身体作り、曲線作りを頑張りながらも、今回は二役で双子の弟・七隈も演じます。まだ細かいことは言えませんが、そのシーンは本当にすごいことをやっています。「宮城はもうひとりの宮城と上手く戦ってる」って書いてください!

伊万里:記事の書き方を要求するな!

(一同:笑)

中村:じゃあお前ずっとこうやって話せよ(横を向いて腰が良く見えるようなポーズを指示)。

宮城:「宮城ともう一人の宮城は上手く戦ってた」って……注目して見てください!
セクシーなサービスショットをいただきました。
セクシーなサービスショットをいただきました。

伊達政宗役 小坂涼太郎:また引き続き伊達政宗として出ることが出来てすごく嬉しいです。会場もめちゃくちゃ広くなってますので、多くのお客様に見ていただけたらなって思います。今回も長髪と眼帯にすごく苦戦しました。前回よりも殺陣が増えていて頑張ったので、注目していただけたらなと思います。「牛タンドロップス」もあるので。見に来てください!

服部半蔵役 遊馬晃祐:僕は前回奇魂(くしみたま)を狙う一人だったんですが、今回は立ち位置が変わっています。その半蔵の変化と、それに関わってくるキャストの変化をぜひお客様には見ていただきたいですし、キャストが増えたことで熱量もすごく上がっています。お客様には絶対に満足してもらえるなと自信あるので、ぜひこの記事を見て、来てくれたら嬉しいなと思います。

真田信行役 寿里:今回初参加なんですが、ヨリコさんをはじめ、すごく知ったメンバーも多く、稽古に入ってから本当に楽しくこの時間を過ごさせていただきました。身内が引っ張っていきながら、なんとなく有がボケてわちゃわちゃし、締めるところはす~っと自然に締められるいいカンパニーだなと思って稽古を見ていました。そんなカンパニーが一丸となって作品を作ることがどれほどのエネルギーになってみなさんに伝わるのかをちゃんと劇場に見に来ていただけたらうれしいです。お待ちしています! ……完璧でしょ! 今世紀いち、ちゃんと言えたと思う!

遊馬:その「完璧でしょ!」を言わなかったら完璧だったなぁ。

ーー今作は殺陣が大変だったと聞いていますが、どんなところが大変でしたか?

伊万里:どうですか? 僕は全然ないですからね。

中村:動けるのに、動いて欲しい人が動かないんですよ~! 前作は僕(才蔵)が一人一人と戦って仲間を増やしていくという話だったんですが、今回は仲間になったところからのスタート。敵が多くなったっていうのが大変なところでした。でも剣が前作よりは軽くなったので、その点は楽になったところでした。アクションやりながらの映像とかも本当にパワーアップしていて、本当に見ごたえあるものになると思います。
前回よりは少し軽くなったという剣
前回よりは少し軽くなったという剣

ーー稽古中の面白エピソードをお願いします。

遊馬:ウォシュレットかな。

中村:それはやめておこう!

寿里:そうですね~、ヨリコさんって滅多に起こらない人なんですが、日ごろからリアクションの大きい紘大と一緒にストレッチしてた時に、僕が(紘大に)顔を近づけてたら「わ~寿里さんやめてくださいよぉ!」って思わず声が大きくなっちゃって。そしたらヨリコさんが「おい、うるせぇぞ、稽古中だろ!」ってガチギレされたっていう!

宮城:稽古中で起こられた唯一の一回ですね。

寿里:僕は見えにくいテーブルの下にいたのでそのまま(何事もなかったかのように)ストレッチを継続しました。ギリギリばれなかったと僕は思ってます。

中村:最年長がなんという(笑)。

寿里:ヨリコさん、あの時はすみませんでした。

伊万里:謝罪会見なの?

(一同:笑)
ゲネプロ前の囲み会見の様子
ゲネプロ前の囲み会見の様子

ーー前回いなかったキャラクターも含めて、「このキャラはアクが強いぞ!」のようなキャラクターがいましたら教えてください。

中村:全員アクが強いとは思いますが、今回は舞台オリジナルキャラクターの万華、千華がいます。「BRAVE10」の原作を読んでいる方にもこのふたりは舞台版だけなので、楽しめるポイントのひとつかなと思います。寿里さんも今回初めての参加ですし、僕の師匠の百も原作には出ているんですが、本当にかっこいい師匠になってくださっています。

遊馬:あと三成と兼続とかもね。(葉山)昴くんと和合真一がもともと仲がいいのか、完全に出来上がっちゃってます。クセがすごい!

中村:二人でネタ作ったり芝居あわせをしてね。あの二人というスパイスがいたからまた色が変わったかなって。
勇士を苦しめた強敵の服部半蔵。今回の舞台でもキーパーソンとなっている
勇士を苦しめた強敵の服部半蔵。今回の舞台でもキーパーソンとなっている

ーー最後に中村さんからメッセージをお願いします。

中村:『BRAVE10~燭~』、この猛暑に負けないくらい連日の熱い舞台になるよう頑張ります。7月26日から29日までやっておりますので、ぜひ見に来てください!

撮影・文・取材:松本裕美

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ