入野自由、『深夜!天才バカボン』は「深夜だからこそが詰まってる」

クランクイン!

2018/7/24 12:00

 X JAPAN・YOSHIKIの登場(声は声優・三木眞一郎)に始まり、人気声優・野沢雅子と福山潤が“自身の役”で出演し、手塚治虫原作の“ブラックジャック”の登場と第1話の放送から飛ばしに飛ばしまくったTVアニメ『深夜!天才バカボン』。本作について、「キャスティングはよくわからないですが(笑)ゲストがすごい豪華」と語ったのはバカボン役の入野自由。第1話を見る限り、今後も話題に事欠かないだろう『深夜!天才バカボン』の魅力や共演者について入野に話を聞いた。

【写真】『深夜!天才バカボン』第1話、第2話場面写真

『深夜!天才バカボン』とは、赤塚不二夫の代表作「天才バカボン」を、細川徹監督のオリジナルストーリーで18年ぶりにTVアニメ化した作品。バカボンのパパとその家族に加え、本官やレレレのおじさん、ウナギイヌまで超個性的な面々が、舞台を現代に変えてやりたい放題する様を描く。

バカボン役の入野のほか、パパ役に古田新太、ママ役に日高のり子、ハジメ役に野中藍、本官役に森川智之、レレレのおじさん役に石田彰、ウナギイヌ役に櫻井孝宏とキャスト陣が豪華なことでも話題だ。先日放送され、いわゆる“バズった”と言わざるを得ない第1話を振り返ってもらうと「古田さんがまったく話さないんだと思いました(笑)パパじゃないパパと話していたという印象でした」と笑みがこぼれた。

また、YOSHIKI、野沢、福山というゲストに加え「ブラックジャックを(大塚)明夫さんが演じたのですが、大興奮でした」と語る。大塚が演じたブラックジャックを見て育ったという入野は、アフレコ時「隣でブラックジャックがしゃべってる!」と胸をときめかせたそうで、「すごい方々と作品を作っているんだということを改めて実感しました」と口にした。

第1話では、驚きの展開とゲスト陣によって共演時間が少なかったものの、今後確実に共演シーンが多いと予想される入野と古田。古田について入野は「“バカボンのパパ”という説得力がすごいです」と絶賛する。「舞台などを拝見していて、いつかご一緒してみたいと思っていた俳優さんでしたので、現場でご一緒できて嬉しいです」と笑う。

“深夜”に復活を果たした『天才バカボン』だが、入野は原作が持つ魅力を「ブラックユーモアを巧みにユーモアとして描いているところ」と捉える。ゆえに「今ではなかなか言えないことも書かれていたりもする原作なので、だからこそ今このTVアニメを見てほしいという思いがあります」と力強く答える。「何がユーモアであるのかなど、改めて感じる作品になるのかなと思っています」。

最後に今後のエピソードについて入野は「ちゃんと他の作品と“コラボ”してます(笑)他力本願ではないですし、ただ“コラボ”しているだけではないです」と“言葉”を選びつつアピールする。さらに「深夜だからこそできることが詰まっていると思います。言葉で伝えるというよりは見てもらって、それを感じてもらいたいです」。入野が言う今後の“コラボ”と深夜だからこその展開に注目だ。(取材・文:ほりかごさおり)

『深夜!天才バカボン』は、テレビ東京ほかにて毎週火曜日25時35分より放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ