埼玉・熊谷市「日本一暑い街」奪還 国内最高41.1℃に「風呂の温度じゃん…」

しらべぇ

2018/7/23 17:00


(tuaindeed/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

「酷暑」とも称される過酷な暑さが続く日本列島。23日には東京都内でも40℃を観測するなど、多くの地域で「危険な暑さ」となり、熱中症への厳重な警戒が呼びかけられている。

そんな中、「日本一暑い街」をめぐる熾烈な争いが歴史的な局面を迎えた。

■埼玉県熊谷市が国内最高41.1℃を観測


23日午後2時16分に、埼玉県熊谷市で観測史上、国内最高温となる41.1℃を記録したことを、日本気象協会『tenki.jp』などが報じた。

これまで国内最高とされていた、2013年8月12日に高知県四万十市土佐が記録した41.0℃を0.1℃上回り、5年ぶりに記録を更新。

熊谷市と言えば、「あついぞ! 熊谷」のキャッチフレーズのもと、群馬県館林市などと「日本一暑い街」の称号をめぐって熾烈な争いを繰り広げていたことでも知られる。今回、そんな熊谷市が満を持して「日本一暑い街」に返り咲くかたちとなった。

■記録更新に市民はフクザツ


報道を受けて、熊谷市民や縁の深いユーザーからは複雑な声が。









「日本一」というフレーズはまんざらでもない、と感じる人も少なからずいるようだが、異常な暑さゆえ「何を言っているのか分からない」「喜べない」とする声が目立つ。

■「風呂の温度じゃん…」


「41.1℃」という気温について、「風呂の温度だ…」「シャワーの設定温度と同じ」など、その異常さを物語るツイートも続出。







中には「41℃の湯に何時間も浸かってられるか…?」など、この気温の危険性について訴えるユーザーも。

■熱中症に厳重警戒、有識者ら呼びかけ


熊谷市をはじめ、23日は各地で記録的な暑さとなっていることをうけて、ツイッター上では気象予報士など有識者たちが熱中症への厳重な警戒を呼びかけている。







屋外での作業は危険な高温。決して無理をせず、適宜エアコンを使用するなど熱中症対策に努めたい。

■熱中症経験者の割合は…


しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,342名を対象に「熱中症」について調査を実施したところ、全体でおよそ2割の人が「経験あり」と回答。

((C)ニュースサイトしらべぇ)

性年代別でみてみると、20代の男性が4割に迫るもっとも高い割合を占めた。

命に関わる深刻な暑さが続く日本列島。40℃近い気温を観測している地域では、とくに熱中症に厳重に警戒してほしい。

・合わせて読みたい→東京都内で40度超えの暑さ 「働く気しない」「会社休みにしよう」と悲鳴が続出

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1342名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ