「ジュリーさん、メリーさんのおかげ」Kis-My-Ft2・北山宏光、デビュー7周年の発言で波紋


 今年5月5日から7月16日まで、5大ドームツアー『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me』を開催したKis-My-Ft2。公演最終日では北山宏光がジャニーズ事務所幹部の名前を出して感謝の言葉を述べる場面があったといい、ジャニーズファンが騒然となっている。

2011年に「Everybody Go」でCDデビューしたKis-My-Ft2は、今年デビュー7周年の節目を迎え、4月にはメンバー数の7にかけて7万7,777枚限定のシングル「You&Me」を発売。さらに、ナゴヤドーム、福岡 ヤフオク!ドーム、東京ドーム、京セラドーム大阪に加えて埼玉・西武ドームを含む初の5大ドームを完走し、7人にとっても今回は思い出深いツアーになったようだ。最終日の西武ドーム公演の終盤、千賀健永は「今回のライブは僕の中ではスゴい特別」だったと振り返り、涙を流しながらファンに挨拶していたという。

「そんな中、グループ最年長の北山が7周年を迎えることについて、レコード会社などへの感謝を口にしつつ、『遡ればジャニーさんはもちろん、ジュリーさん、メリーさんのおかげでもあります』と、ジャニー喜多川社長だけでなく、メリー喜多川副社長、藤島ジュリー景子副社長の名前を挙げてコメントしたそうです。コンサートを見ていた多くのファンが『北山くんがメリーさんとジュリーさんの名前出すと思ってなかったからビックリ』『キスマイの口から「ジュリー&メリー」って名前を聞くなんて考えもしなかった。『ジュリーさん、メリーさん』ってところ、めっちゃ早口だったけど』『北山くんの挨拶でジュリーさんとメリーさんの名前が出たの初めてじゃない?』と、衝撃を受けていました」(ジャニーズに詳しい記者)

Kis-My-Ft2といえば、デビュー前後から元SMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏がマネジメントを手がけるようになり、以降はSMAPメンバーとの“セット売り”が盛んに行われてきた。ところが、2016年に飯島氏がジャニーズを退社したことで、「事務所に冷遇されるのではないか」と、ファンは疑心暗鬼に。しばらくメリー&ジュリー副社長の管轄下ではなかったKis-My-Ft2がこれまで通り順調に仕事できるのかどうか、不安視していたのだ。

結果的にそれは杞憂に終わり、Kis-My-Ft2は変わらずCDをリリースしているほか、一部メンバーは映画の公開も控えている。傍目には飯島氏やSMAP解散の影響は受けていないように見えるが、敏感なファンは今回のツアーでのメンバーの発言に対して、「スピーチを聞いていて『この人たち何かあったんだな』って感じた。北山くんがジュリーさんとメリーさんの名前出した時に、この道で覚悟決めたんだなって思った」「メリー、ジュリーに対する感謝の言葉……聞きたくなかった。生き残るためには仕方ないの?」「北山くんの挨拶、『俺らはジャニーズでやっていくんだよ』ってことを示してるのかなって……」と、ただならぬ空気を察知し、波紋が広がっている。

ジャニーズタレントが、テレビ番組でジャニー社長に関するトークを展開する流れは珍しくないものの、メリー&ジュリー副社長は基本的に事務所の“裏方”だ。15年の「週刊文春」(文藝春秋)のインタビューや、SMAP解散騒動で一般的に名が広まったとはいえ、ファンの前でタレントがわざわざ両名の名前を出すことに、違和感を覚える人が存在するのも無理はないだろう。

「メリー&ジュリー副社長については、16年の『第39回日本アカデミー賞』の授賞式で、最優秀主演男優賞を獲得した嵐・二宮和也が『ジャニーさん、メリーさん、ジュリーさんとずっと迷惑をかけてきた人たちに、これでちょっとは恩返しできたかな』などとスピーチした際にも波紋を呼びました。また、16年末の『ジャニーズカウントダウン2016-2017』にて、TOKIO・松岡昌宏がメリー副社長のモノマネを披露したという一件も。松岡の場合、ジャニーズファミリーが勢揃いした場での“内輪ネタ”ですから、妙な意図はないでしょう。しかし、二宮や北山のように公の場で活動を振り返ったり、周囲に感謝を伝える場面でジャニー社長以外の事務所幹部の名を出すのは、非常に異例です」(同)

北山の発言はSMAPファンにも知れ渡り、「飯島さんがいない今、いろんな強制や抑圧を受けてるんだろうなと思う。事務所の闇は深いとあらためて思った」「SMAPの公開謝罪でも『ジャニーさんに謝った』って言ってたよね。普通の会社はお客さんの前で社長、副会長に感謝や謝罪とか言わない」「キスマイにもたくさんファンがいるし、その選択で良かったと思う。ジャニーズにもう飯島さんはいないし、生き残るためにはメリジュリに可愛がってもらうしかない。どうかSMAPイズムは受け継いでいってほしい」と、さまざまな意見が見受けられる。

北山がなぜここへ来て事務所幹部の実名を出したのか、真意は本人のみぞ知るところだろう。今回は多くの人々が疑問やモヤモヤした気持ちを抱えてしまっただけに、発言には十分に注意してもらいたいものだ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ