山下智久のトラウマがよみがえる!?「ネプリーグ」で激戦が展開!

ザテレビジョン

2018/7/23 07:00

7月23日(月)放送の「ネプリーグ2時間SP」(夜7:00‐9:00、フジテレビ系)は、“劇場版「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」チーム”より、山下智久成田凌、新木優子、馬場ふみかが登場。長嶋一茂ら“アスリートチーム”と、千原ジュニアら“舞台「THE EMPTY STAGE」チーム”と三つどもえの対決を繰り広げる。

1stステージは、出題される物の名前やフレーズを英語で答え、タワーの頂上を目指す「ハイパーイングリッシュブレインタワー」。英語が得意な山下だが緊張した面持ちで、「ネプリーグの前日はなかなか寝付けない」と不安を吐露する。「ネプリーグ」初登場の新木も「緊張し過ぎて胃が痛い」と打ち明ける中、成田だけは「最近、英語の勉強をしている!」と自信満々。果たしてその実力は?

2ndステージの「林先生の漢字テストツアーズ」では、林修が厳選した漢字クイズに挑む。“劇場版「コード・ブルー」チーム”のトップバッターは山下。「行けるところまで行ってほしい!」というメンバーの期待に応えるべく奮闘する。一方、“アスリートチーム”はこれまで漢字力を見せつけてきた長嶋、“舞台「THE EMPTY STAGE」チーム”は作家として一世をふうびした麒麟・田村裕の漢字力に注目が集まる。

3rdステージは、あらゆる分野から出題される1~4文字の穴埋めクイズに答える「ネプレール」。成田は『コード・ブルー』にちなみ、「救命はスピードが命なので(正解も)止まらないですよ!」と宣言。対する“アスリートチーム”は持ち前の反射神経と勝負強さで3分台でのクリアを目指す。“舞台「THE EMPTY STAGE」チーム”は、千原ジュニアが“ネプレールでスピード解答ができる”という意味の“ネプれる”という造語で自信をアピールするが…。

4thステージは、さまざまなモノの割合を答える「パーセントバルーン」。山下は「ぶっちぎりたい!」と意気込み、高得点を狙う。そんな中、俳優、アスリート、芸人の中で世間とのズレが大きい芸能人が明らかに…。

5thステージは、答えが10個以上あるモノを制限時間以内に答える「ハイパーボンバー」。勝負が決まるこの最終ステージで、“アスリートチーム”は選手時代からの勝負強さでパーフェクトを目指す。“劇場版「コード・ブルー」チーム”は緊張しまくりで心臓バクバク! しかも山下は、過去の失態のトラウマがよみがえってしまう。

俳優、アスリート、芸人による異ジャンル常識対抗戦。激闘を制し、トロッコに乗るのはどのチームか?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/155482/

あなたにおすすめ