東京2020マスコットがデビュー! 名前は「ミライトワ」と「ソメイティ」


東京2020オリンピックパラリンピックのマスコットが22日、東京ミッドタウン日比谷で行われたデビューイベントに登場。名前も決定し、東京2020オリンピックマスコットは「ミライトワ」、東京2020パラリンピックマスコットは「ソメイティ」と発表された。

「ミライトワ」という名前は、「未来」と「永遠(とわ)」という2つの言葉を結びつけたもの。名前に込められたのは、素晴らしい未来を永遠にという願い。東京2020大会を通じて、世界の人々の心に希望と満ちた未来をいつまでも輝かせる。

「ソメイティ」という名前は、桜を代表する「ソメイヨシノ」と非常に力強いという意味の「so mighty」から生まれ、桜の触覚を持ち、驚きの強さを見せる。東京2020大会を通じて、桜を愛でる日本の心とパラリンピックアスリートのすばらしさを印象付ける。

「ミライトワ」と「ソメイティ」は今後、オリンピック・パラリンピックの精神を伝え、選手や大会に訪れる人たちを歓迎し、東京2020大会ならではのメッセージを日本中・世界中に伝える大会のアンバサダーとしてさまざまな発信と活動を行っていく。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス