松本潤と広島知事のツーショットに7万いいね! 嵐、被災地に5千万円を寄付

grape

2018/7/21 11:54

2018年7月に西日本を襲った、記録的な豪雨。

洪水や土砂崩れなどによって各地で大きな被害をもたらし、多くの被害が報告されました。

復興支援のため、自衛隊は速やかに京都府、兵庫県、広島県、岡山県、愛媛県、高知県、福岡県の7県へ出動。

被災地では着々と復興作業が進められているものの、家に帰ることができない被災者たちが避難所での生活を余儀なくされています。

嵐、イベントの収益の一部を広島県に寄付

同月20日、広島県のTwitterアカウントが、アイドルグループ嵐の松本潤さんと広島県の湯崎英彦知事とのツーショットを投稿。

同年6月から7月に開催されたイベント『嵐のワクワク学校2018~毎日がもっと輝く5つの部活!~』の収益の一部である五千万円を、義援金として寄付することが明かされました。

『嵐のワクワク学校』は、2011年の東日本大震災をきっかけとして毎年開催されている、チャリティイベント。

2011年では東日本大震災の復興におよそ2億円を寄付し、2016年の熊本地震では、収益の一部を寄付しただけではなく、熊本県で復興支援公演を行いました。

今回、広島県と愛媛県を訪れた松本さんは避難所を訪問し、被災者たちに温かい声をかけ、握手や写真撮影に応じました。

嵐が贈った義援金は、各市町を通じて被災者へ届けられるとのことです。

投稿に対し、およそ7万の「いいね」が寄せられ、多くの広島県民から「嵐、ありがとう!」「頑張るね!」といったコメントが寄せられています。

また、嵐のファンからはこういった声が上がっています。

・「このイベントに行ってよかった」と思わせてくれる嵐、最高!

・イベントに参加した、私たちのお金が無事に届いて嬉しいです!

・娘がイベント参加しました。広島県民の1人として、お礼申し上げます!

・イベントには参加できず、グッズのみ購入したので微々たる力ですが、広島県に届いてよかったです。

イベントに参加したファンだけではなく、多くの被災者にも笑顔を届けた嵐。彼らの素晴らしい取り組みに、拍手を送ります!

そして、被災地に1日でも早く元の生活が戻るよう、私たちも力を合わせて支援したいですね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス