アラサーになって実感!「私たち女子校で良かった!」と思うこと4つ




アラサーになって、しみじみと今までの人生を振り返ったりする瞬間ってありませんか? そんな時真っ先に思い出されるのはやはり青春真っ盛りだった10代の頃。大切なその時期を女子校で過ごした人はどんな風に過去を思い返すのでしょう。
「女子校で良かった!」と思えることについてみんなの声をまとめてみました!

「女子校で良かった!」と思うこと

1. 一生ものの女の友情が育まれる!

「やっぱり一番よかったと思うのはなんといっても一生ものの友情を育めたということ。女ばかりの世界なだけに、異性を意識したりすることもなく本音の友だち付き合いができていたと思います。社会人になってもやっぱり真っ先に会いたくなるのは女子校時代の友だちです」(30代/IT)

▽ 女子校出身者に“女の友情なんて”と言うのは禁物。恋青春時代を過ごしたという仲間意識はとても強く、友情にも熱いのです。

2. 男に振り回されず進路に集中できた!



「周りに異性がいなかったため、恋愛や“モテ”を意識せず、自分のやりたいことや進路のための勉強に集中できてよかった。もしあの中高6年間を女子校で過ごしていなかったら、妙に恋愛を意識したりして勉強にも手がつかなかったかも。今の自分があるのは女子校ならではだと思っています」(30代/医師)

▽ 多感な時期ですが将来のためにも大切な10代です。自分の将来について真剣に考え、勉強にも励めるというのは長い目で見ると大きなメリットと言えそう。

3. ちょっとだけ宝塚の世界を垣間見れる!



「ずっと女子校でしたが、先輩や同級生にクールなタイプの人がいると、素敵だなって憧れていました。バレンタインデーにチョコを贈ったこともあります。それが何かに発展するわけじゃないけど、女の園ならではのピュアなときめきは今でも大切な思い出です」(20代/教育)

▽ 青春だからこそ、身近にいる人に淡い憧れを抱くのも自然なことでしょう。程度の差はあれ、女子校出身者はみなこんな気持ちを経験しているのではないでしょうか。

4. 同窓会もぶっちゃけ女子トーク満載で楽しい!

「共学の同窓会って男子もいるので、いちおう“女子らしく”振舞わないといけないようなイメージ。でも女子校の同窓会なんてまさにぶっちゃけ女子トークの極み。お互いの黒歴史を知り尽くしているし、ヘタなプライドも無いのでめちゃくちゃ楽しいです」(20代/営業)

▽ 同窓会ではかなり密度の高い“女子トーク”がなされ、女子校出身者が清楚でお上品という男性陣の淡いイメージは脆くも崩れ去ることでしょう。いくつになっても彼女たちのハートは“16歳”で時間が止まっているようなのです。

まとめ

女子校であれ、共学であれ、アラサーになって振り返ってみれば、10代の青春時代はとても特別だったことに気づくのではないでしょうか。もちろん苦い思い出もあるでしょうが、“あの頃は楽しかった”と心から思えることって大切ですよね。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス