30代男性が結婚相手に求める4つのこと




30代になると、女性も男性も「結婚」という言葉が頭の中をチラつきます。結婚していない自分と、結婚した周りの友達を比べて卑屈になったり焦ったりする人もいると思います。そこで今回は、そんな年頃に差し掛かった30代男性が結婚相手に求めることを考えてみましょう。

30代男性が結婚相手に求めること

一緒に平和な時間を過ごせる穏やかな性格



結婚したいと思う相手は、一生一緒にいられると感じられる人。一生一緒にいられる人とは、ともに過ごす時間を心穏やかに過ごせる相手です。一緒にいる時間にヒステリックに叫んだり、急に不機嫌になったりするような相手とは心穏やかに過ごせませんよね。
男性は自分を振り回す女の人が好きだと言われることもありますが、それはあくまで「恋愛」の相手としてであって、結婚相手としてではありません。
結婚相手として選ぶのは、一緒にいて居心地のいい人であることを覚えておいてください。

理想の家庭を描けそうな前向きさ

結婚相手として、すでに料理や家事がしっかりできるということを前提条件に考える人は、今の世の中そう多くはありません。もちろん、「女は家事ができないとダメ」という古い考えの人もいますが、それほど多くありません。
ただ、その一方で「家事はしたくない」とか「料理なんてできない」とネガティブな態度でいると、カレもウンザリしてしまいます。今はできないとしても、前向きに頑張ろうという姿勢が必要です。
「一緒に頑張ろう」とか「好きな味を教えてね」とポジティブな態度でいられるといいですね。

自然体でいられる関係性



結婚相手として重要なのが、気取らないでいられる相手、自然体でいられる相手であるということ。男性にとって、ドキドキする相手が必要なのは結婚するまで。結婚相手は、自然体でいられる相手がいいんですよね。
笑いのツボが似ていて、一緒にいるときに無理をして笑う必要がないとか、カッコ悪いところを見せても笑顔でフォローしてくれるとか、そういうさりげないやさしさに心地よさを感じるものです。

意外としっかり者の一面も大事

結婚相手にするには、家計を任せられる相手でなければいけません。可愛いだけでなく、しっかり者の一面がある人に男性は心を掴まれます。二人で家庭を作っていくことを考えると、何もできない頼りない女性ではダメですよね。
結婚生活は、二人で協力してこの先の色んな困難を乗り越えていく必要があります。いざというときに頼りになる相手だと、男性もうれしいんですよね。

まとめ

いかがでしたか。30代の男性は、恋愛するときに常にその先に結婚を考えるようになります。そんなとき、結婚相手の候補になれる女性でいたいですよね。結婚したいと思っているのであれば、「結婚したい」と思われる女性になれるようにちょっと頑張ってみませんか。

あなたにおすすめ