千葉雄大の濃厚キスシーンに衝撃が走った『高嶺の花』第2話

クランクイン!

2018/7/19 10:45

 女優の石原さとみ主演のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第2話が18日に放送され、俳優の千葉雄大が見せた強引なキスに、視聴者から「衝撃」「どエロい」「阿鼻叫喚」などの反響がネット上に寄せられた。

【写真】千葉雄大の投げキッス

月島流の行事に登場し、見事な作品を創り上げたもも(石原)。そんな中、ももに直人(峯田和伸)から電話がくる。直人は、もものことをキャバクラ嬢と勘違いした友人たちにそそのかされて連絡をしてきたのだった。ももは話を合わせて「店に来て指名をしてほしい」と直人に話す。

急いでキャバクラの面接を受けると案の定、即採用されるもも。彼女は客としてやってきた直人たちをキャバクラ嬢として接客。酔った勢いも手伝って、ももと直人は急接近する。そんな中、ももは元婚約者の吉池(三浦貴大)と再会。吉池はももに「妻を愛していない。君と付き合いを続けたい」と懇願。ももは身勝手な吉池の訴えに心揺らされながら、婚約指輪を返して拒絶するのだった。

本編の序盤、新興華道家の宇都宮龍一(千葉)は、ももの継母・ルリ子(戸田菜穂)と密会。自身の娘・なな(芳根京子)を月島流の次期家元にしたいルリ子と龍一の利害が一致する。これまでのイメージを覆すダーティな役柄に扮した千葉の演技に視聴者からは「いつもの千葉くんじゃない…黒い」「ブラックバーチーたまんねーな」「腹黒で新境地開拓」などの声がネット上に寄せられた。

そして「とにかく手を組みましょう」と龍一が手を差し出し、ルリ子も手を伸ばそうとした瞬間、龍一は強引にルリ子を引き寄せて、濃厚なキスをする。このシーンに対してネットには「千葉くんの無理やりキスとか初めて見た気がして衝撃」「阿鼻叫喚」「たまらんなこりゃ」などのリアクションが殺到。さらに「生々しくてエロい」「ただのキスシーンじゃなくどエロいキスシーンだよね」などのツイートも投稿された。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ