自尊心の低い人はVRでアインシュタインになるとテストの点まで上がる

180718_einstein_avatar
Image: Olga Popova / Shutterstock.com

アバターって偉大ですね…。

仮想現実(VR)でアインシュタインに化けると頭の働きまでよくなることが、バルセロナ大学の実験で明らかになりました。

仮想の自分に現実の自分が影響される錯覚を「バーチャル・エンボディメント」と呼びます。「没入型のVR環境では、自分が手足を動かすと、鏡の中の自分も手足を動かすので、このイリュージョンがとても強烈になるのだ」と、この分野の研究を専門とするMel Slater教授は言っています。

これまでの他大学の研究でも、白人がVRで黒人になると、黒人に対する差別意識が和らぐことが判明しています。態度や意識が変わるのなら知能はどうなのか、ということで、教授たちは今回、18~30歳の男性30人を2つのグループに分け、片方には20世紀最大の頭脳アルベルト・アインシュタイン、もう片方には同年代の平凡な風貌の人になってもらって、変化を調べてみることにしました。

実験ではまず事前テストとして、自尊心、問題を解く力、高齢者に対する無意識の偏見の度合いをチェック。そのうえでボディスーツとVRゴーグルを装着し、それぞれの姿で約30分過ごしてもらい、終わってからまたテストを行なってみたのです。

するとアインシュタインのグループはみな高齢者への無意識の偏見が減り、自尊心の低い若者は、アインシュタインに30分なりきるだけで、テストの点まで上がってしまったんです。もともと自尊心に問題のない若者には点数の変化は確認されませんでした。一方、同世代の凡人になったグループには、偏見も点数も特に変化は観測されなかったんだそうですよ?

自尊心の低いグループだけって、おもしろいですね。わずか30分の全能感で、何かが解き放たれるのでしょうか。男女のもっと広い範囲の実験が必要だけれど、もし再現できたら、教育にも応用が効くのではないかと、教授たちは期待をふくらませています。

自信がない人はもしかしたら本来あるはずの自分の力を、できないと思う(または思わされる)ことで自ら封じ込めているだけなのかもしれませんね。

アインシュタイン150の言葉

アインシュタイン150の言葉
1,296円

購入



Image: Olga Popova / Shutterstock.com
Sources: Frontiers in Psychology via Science Alert

(satomi)

あなたにおすすめ