自分でも気づかないうちに人生をつまらないものにしていること5つ




“なんだか毎日つまらない”なんて思っていませんか。そんな心の状態は外側にもしっかり表れてしまうので気をつけて。でもつまらないのはひょっとしたら、自分の受け取り方や感じ方が原因なのかもしれません。自分でも気づかないうちに人生をつまらないものにしていることってあるんですよ!

人生をつまらないものにしていること

1. 自分のテンションを下げるような人たちに囲まれている



仲のいいフリをしつつマウンテングしてくる女友だち、なにかとダメ出しばかりする上司……などなど、あなたの周囲にいる人たちの態度や言葉に傷ついていたりしませんか。
自分が気持ちよく日々過ごすには、なによりもあなた自身を受け入れ、好きになってくれる人の存在が大切です。仕事の人間関係は選べませんが、一緒にいて心地よいと感じられる人たちとなるべく過ごせるようにしてみましょう。

2. なんでも“後で”と後回しにしている

ダイエットに限らず、将来に向けての勉強、いつか行ってみたいと思っている夢の海外旅行、なんでも“いつか”なんて後回しにしているうちは、やりたいことも楽しいことも手に入りません。
後回しにする原因は“面倒くさいから”、“まだその時期じゃないから”なんて思ってるからではないでしょうか。でもそのメンタリティがつまらなさを生み出しているのです。やってみようと思ったらまずはすぐ実行、それから人生が動き始めます。

3. 本音をいつも隠して、周囲の人たちに合わせている

「あの人に嫌われたくない、変だと思われたくない」なんて思っていると、なかなか本音が出せないものです。でもそれがあなたに息苦しさを感じさせているのかもしれません。
他人は他人、自分は自分、そう割り切ることで本音がもっと出せるようになるし、心配しているほど他人は気にしていないし、あなたをすぐに嫌いになったりしないものです。

4. 嫌なことがあるといつまでもこだわり、なかなか気分転換できない



性格的なもので嫌なことがあるとその日ずっと落ち込んでしまったり、いつまでもウジウジと気にしてしまうという人はとっても損をしています。
だって誰にだって何をやってもうまくいかない日や嫌なことが続く時というものはあるものです。それにこだわっていると、人生を楽しむことを見逃してしまいます。何かにこだわりすぎず、サクッと前を向ける気分転換術をぜひ身につけておきましょう。

5. いつも誰かと自分を比べて、コンプレックスや不幸感を覚えている

せっかく他の誰でもないあなたらしさや個性、才能があるのに、他人と比較して勝手に落ち込んだり、コンプレックスを抱いてしまっている人もたくさんいます。人間どうしたって“隣の芝生は青く見える”もの。自分に自信を無くしてしまうのも当然と言えば当然なのです。
そんなことをしていても何のメリットもありません。誰かと比べるより、自分らしさをどんどん伸ばしてゆきましょう。

まとめ

もし毎日つまらないと感じている人は上記の5つのことをまず考えてみてください。もし心当たりがあれば、それを人生から取り除いてみるよう意識してみると良いでしょう。
そうすれば少しずつ、でも確実にもっと生きやすく、人生を楽しめるようになってゆくはずです。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ