12星座別ランキング! 欠点を補うより長所を伸ばすほうが大切だと思う星座は…

しらべぇ

2018/7/16 08:30


(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

誰しも生まれながらに得意不得意はあるだろう。しかし、成長するにつれて、欠点を補いオールラウンドな能力を望む人がいるもいれば、長所を伸ばし強みを得たいと考える人もいる。

しらべぇ編集部では、全国20代~60代の男女1,361名に「欠点を補うよりも長所を伸ばすほうが大切だと思う」人の割合を調査し、12星座別でまとめた。

■優れた能力が憧れ


調査の結果、「欠点を補うよりも、長所を伸ばすほうが大切だと思う」と答えた人は、60.4%。では、12星座別で見てみると、

(©ニュースサイトしらべぇ)

65.7%で1位となったのは、しし座。目立ちたがり屋で、なんでもこなせるよりも、一芸に秀でることのほうが魅力的だと思っていそう。

また、こだわりが強いため、長所を伸ばす際にも努力を怠らないはずだ。

■長所を伸ばしたい星座たち


僅差で2位と3位にランクインしたのは、おとめ座とてんびん座。

2位は、真面目にコツコツ頑張れるおとめ座。理詰めで物事を考えるため、欠点を克服していくことより、すでに優れている長所を伸ばすほうが、効率がいいと判断するのかも。

一方、3位のてんびん座は、頭の回転が早い器用なタイプ。基本的になんでもこなせるからこそ、スペシャリストに憧れを抱いている…なんてことも。

■オールラウンダー志向の星座たち


対して、ランキング下位には、おうし座・みずがめ座・いて座がランクイン。

10位のおうし座は、安定を第一に考えているため、苦手分野を潰しておきたいと考えそう。また、「妥協を許さない」という頑固な面もあり、自分に欠点があることにストレスを感じるのかも。

11位のみずがめ座は、天才気質で得意・不得意がはっきりと分かれているタイプ。加えて、野心家な一面もあり、「不得意な部分を埋めて、完璧になりたい」という野望を持つケースもありそう。

そして12位は、いて座。向上心があり何事にも熱心に取り組むため、欠点を補う努力に達成感を感じやすいのかも。また、苦手を克服するにはエネルギーを使うが、常にパワフルないて座ならがんばれそうだ。

長所を伸ばすことも欠点を補うのも、どちらも大切だ。自分が何を求めているかによって、努力の方向を変えてみるのもありなのかも。

・合わせて読みたい→これまでの星座にまつわる調査結果

(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ