正直キモいです…勘違い男子からの「彼氏ヅラLINE」3つ

ananweb

2018/7/13 21:45

日々連絡を取り合っていると、会っていなくても不思議と距離が近く感じるもの。すると、「私のこと好きなのかな」と錯覚してしまうこともあるはず。それは男性も同じです。そんな男性たちから届いた“彼氏ヅラした勘違いLINE”というテーマで女性たちに話を聞いてみました。なにかのときにお役立てください。
文・塚田牧夫

■ 「あんな言い方して悪かった」

「何度か二人で食事をした男性がいました。あるとき、食事の際に注意を受けたんです。

私は偏食気味なところがあり、食事を結構残してしまうので、そこを指摘されました。正直、面倒くさい……と思ってしまいました。この関係も潮時だなと、会うのは最後のしようと思いました。

食事を終え帰ってから、男性からLINEが来ました。“あんな言い方して悪かった”と謝ってきました。どうでもよかったので、一瞬、何のことだか分からないぐらいでした。

そして、“これから付き合っていくのに伝えておいたほうがいいと思って”と言うんです。完全に勘違いしている。食事を何回かしたぐらいで、そう思ってしまうものなんですね」ルミ(仮名)/27歳

■ 「朝起こして」

「夜、ある男性とLINEをしていました。その人とはまだ知り合ったばかりで、たまにこうして連絡を取り合うぐらいの関係でした。

私は翌日休みだったので、結構遅い時間まで付き合ってたんですね。すると向こうが“そろそろ寝るわ”と言いました。そして“朝起こして”と言ってきた。

いや、こっちは明日は休みだし。彼女でもないのになんで起こさなきゃいけないんだと、完全に無視しました。

すると、私が朝起きるとLINEが来ていました。“なんで起こしてくれないんだよ”という文句。

でもそのあと、“なんと電車が遅延してて助かった”という報告が来ました。本当にどうでもいい情報でした」ユキコ(仮名)/27歳

■ 「やっぱりあいつが忘れられない」

「友だちの開いた飲み会に参加したときでした。ひとりの男性と話していたら、“彼女と別れたばっかり”と言うんです。かなり落ち込んでいるように見えました。

その気持ち、分からなくもない。自分の経験などを踏まえつつ、慰めてあげてたんです。それから連絡を取り合うようになり、LINEなんかで弱音を吐いているので、そのたびに励ました。

するとあるとき、“ごめん”とメッセージが来ました。“やっぱりあいつが忘れられない”と言うんです。なんで私に気を使っているのか分かりませんでした。

もう一度会って話してみると言うので、私が“頑張って”と返したら、それも強がっていると捉えたんでしょう。“本当にごめん!”と謝ってきました。違うから!」ナギ(仮名)/30歳

“彼氏ヅラ男子からの勘違いLINE”をご紹介しました。

思いやりを好意だと勘違いしてしまうことはよくあります。優しくし過ぎるのも問題。あとでお互いが傷付くことになりかねません。なんとも思っていない相手とは、しっかり距離を取りましょう。

(C) nd3000 / Getty Images Plus(C) SasinParaksa / Getty Images Plus(C) lechatnoir / Getty Images Plus

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス