「探偵が早すぎる」片平なぎさ、桐山漣ら強烈な悪の一族が集結! 片平「非情な女帝を楽しみたい」

ザテレビジョン

2018/7/13 21:43

7月19日(木)より、日本テレビ系にてスタートする新ドラマ「探偵が早すぎる」(毎週木曜夜11:59‐0:54)。このほど、同ドラマで一華(広瀬アリス)の命を狙う悪党・大陀羅(だいだら)一族を演じる面々が勢ぞろいした。

滝藤賢一と広瀬アリスがW主演を務めることで話題の同ドラマは、井上真偽の同名小説が原作。“事件を未然に解決してしまう”型破りな探偵・千曲川光(滝藤賢一)が、父親の遺産5兆円を相続したことで大陀羅一族に命を狙われる女子大生・十川一華(広瀬アリス)を守るため、奮闘する姿を描く。

先日都内某所にて行われた撮影では、大陀羅家第一子長女・朱鳥(あけどり)役の片平なぎさをはじめ、神保悟志や桐山漣、結城モエら一族が顔を揃えた。

■ “女帝”片平が広瀬&水野に笑顔で手を振る!?

この日撮影されたのは、橋田(水野美紀)に高級服を着せられた一華が、わけも分からず高級ホテルへと連れて行かれるシーン。そこに待ち構えていた朱鳥ら大陀羅一族が、一華ににらみを利かせ出迎えるという緊迫した場面だ。

この日クランクインとなった片平と、亜謄蛇(あとうだ)役の神保悟志が、スタッフや共演者から拍手で出迎えられる中、撮影はスタート。

豪華な衣装を身にまとい、大広間の広いテーブル席に着いた片平は、テーブルのはるか向こうにいる広瀬アリスと水野美紀に「遠いねー! よろしく!」と、満面の笑顔で手を振る様子も。シリアスなシーンとは裏腹の楽しげな撮影となった。

これまで「悪を倒す」役を多く演じてきた片平だが、「ラストはコテンパンにやっつけられてしまうのでしょうが、それまでは非情な女帝を楽しみたいですね」と、今回の“ラスボス”的な役どころに対する意気込みを語った。

■ 「欲まみれの大陀羅一族にも、それぞれの性格の特徴がある」(結城モエ)

片平と共にクランクインした神保は、「毎回、毎回、巧妙なトリックと、そのトリックを事前に見破り、こともなく解決していく千曲川の活躍を楽しみにしながら台本を読ませていただいております。

大陀羅亜謄蛇という典型的な悪役キャラを頂き、これからどのように演じて行こうか、今からワクワクしております。今後の千曲川との直接対決も楽しみです。皆さま、お見逃しのないように」と、視聴者へメッセージを。

また、朱鳥の娘・麻百合(まゆり)役の結城は、「この作品はとにかく個性派揃いで、大陀羅ファミリーも遺産争奪戦で同じ5兆円を目的にはしていますが、そんな欲まみれの中にもそれぞれの性格の特徴があります。

話の所々に表れる母、兄、叔父、そして私、麻百合のみんな違った個性を見つけながら見ていただけるとうれしいです。終わりにかけてその個性が強く出せるように、私もがんばります!」と見どころを明かした。

■ 「どこか憎めない悪役たちが愛されるように」(桐山漣)

朱鳥の息子で、クールなキレ者・壬流古(みるこ)を演じる桐山は、「かなりの濃厚な悪役と出会えたことをとてもありがたく思ってます。名前からしても濃いですが、読めますか? 皆さん。『みるこ』と読みます。

原作では頭のキレるクールな壬流古なのですが、ドラマはコメディだけあってとても遊ばせてもらってます。一華を殺そうとするも簡単に防がれてしまう大陀羅一族。壬流古はニヒルだけど、どこか憎めない悪役になっていると思います。

バイキンマンのようにありとあらゆる手を使うものの、いつもわかりやすくやられていく本作の悪役が、視聴者の皆さまにも愛されていくことを願っております」と、楽しみながら演じていることを強調した。

ドラマならではの大陀羅一族が、視聴者をどのような形で楽しませてくれるのか期待しよう。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/154412/

あなたにおすすめ