娘はNo.1キャバ嬢!? パパがつい尽くしてしまう瞬間 【タケト×ゴロー パパ対談】#04

It Mama

2018/7/13 21:30

Photo by It Mama

芸歴21年の“よしもと芸人”でありながら育児系の資格を7つも保有し、各地でママ・パパに向けた講演なども行っているタケトさんのインタビューシリーズ最終回。

今回は、6歳の女の子のパパであるタケトさんと、It Mamaライターで3歳の男の子のパパである村橋ゴローさんのお二人に、“パパがつい子どもを甘やかしちゃう瞬間”をテーマに対談していただきました。

女の子のパパと男の子のパパでは、一体どのような違いがあるのでしょう?





【連載目次】
【1】タケトさん✕ママ対談 「ベビーサインって難しい?」
【2】タケトさん✕ママ対談 「児童館での困ったこと…ママVSパパ !?」
【3】タケトさん✕パパ対談 「夫婦円満の秘訣は…あいさつ!?」
【4】タケトさん✕パパ対談 「不妊治療を経て…夫婦でどのように乗り越えてきた?」
【5】タケトさん✕パパ対談 「パパとしての自覚が芽生えたのはいつ?」
【6】タケトさん✕パパ対談 「娘はNo1キャバ嬢!? つい尽くしてしまうパパの気持ち」★今回のテーマ

▼娘に言われた衝撃な一言…「パパ、くさい!」


タケト:パパの子育てって、男の子と女の子でまた違いますよね。

僕、6歳の娘から「パパ、ほっぺくさい!」って言われるんですよ。仕事終わりに家に帰ると言われてショックでした。あと、寝起きもくさかったのか、「うんこ食べたでしょ!」って取り調べを受けました……。
出典:@taketofamily – Instagram

あと、夜は一緒に寝てくれないんですよ。寝る時はママと一緒じゃないと嫌みたいで、「パパ来ないで!」とか「いびきがうるさい!」って言われるんです(泣)。

僕から娘の方に行くのは嫌がるクセに、娘が自分から来るのはオッケーみたいで翻弄されています。

ゴロー:“くさい”とか“来ないで”とか言われて、よく立ち直れましたね……。

確かに、3~4歳くらいの女の子とパパが歩いている光景を街で見かけると、完全に“彼氏と彼女のデート”に見える(笑)。

彼女に翻弄される彼氏みたいに、パパが娘に翻弄されてるって感じで。

タケト:あ~わかります。パパにとって娘という存在は彼女! いや、“No.1キャバ嬢”ですよ(笑)。

▼6歳の娘に片思い!? タケトさんの“尽くし”エピソード


ショックなことを言われても、可愛い娘さんについ尽くしちゃうタケトさん。娘さんとの面白いエピソードなども教えてくれました。
出典:@taketofamily – Instagram

タケト:“くさい”って言われても可愛くてつい甘やかしちゃいますね~。娘から、覚えたてのひらがなで書いた手紙をもらうと、もう嬉しくなっちゃいます。『ぱぱへ ぱぱ』って書いてあるだけなんですけどね(笑)。

Instagramに投稿した似顔絵も、僕に渡してくれたから喜んでみたら、「ママだいすき」って……パパじゃないんかーい! と思わずツッコミました。描いて欲しいと頼んだので描いてくれると良いなあ。

ゴロー:やっぱりパパにとっての“No.1キャバ嬢”になれるのには理由があるんですね! パパは「君の愛が欲しい」って感じになっちゃうんだろうな~。

タケト:切ない一方通行の片思いみたいですよね。どうやったら彼女に気に入られるかってパパは一生懸命です(笑)男の子のパパであるゴローさんは、息子さんとどんな感じで接していますか?

ゴロー:女の子の可愛さとは違って、男の子は“バカかわいい”って感じかな。

でもやっぱり男の子だし、ママっ子になりそうだったんですよ。だから、僕の仕事が早く終わった時には、お迎えの時間よりも早く保育園に迎えに行って、公園で一緒に遊ぶ時間を作ったり、オモチャを買いに行ったりしていましたね。ちなみにうちは“両想い”です(笑)。
Photo by 村橋ゴロー

ゴロー:女の子のパパは、やっぱり娘をお姫様扱いしちゃう?

タケト:しちゃいますね(笑)。娘と大型ショッピングモールに行ったら、娘と2人でママからこっそり離れて、内緒でお菓子を買ってあげちゃうとか。

娘の大好きな「ジャングルポケット」や「ひょっこりはん」と一緒に仕事した時には、職場に娘を連れて行ってあげました!

欲しいものがある時に呼んでくる「パパちゃま~」に、パパはすぐ落ちます(笑)。
出典:@taketofamily – Instagram

男の子でも女の子でも、パパ達はわが子にデレデレのようです♡ そんな目に入れても痛くないようなわが子の将来について、パパ達はどのように考えているのでしょうか?

お笑い芸人と、フリーのライターとして活躍しているお二人が、お子さんに期待していることなども聞いてみました。

▼人と違っても良い!子どもには「個性」を大事にして欲しい


タケト:これだけ娘にゾッコンな僕ですが、娘に彼氏ができたり結婚するって聞いたりしたらすごく嬉しいと思いますし、すごく楽しみです!

実は、娘には既に両想いの子がいるみたい……。娘に彼氏ができたら、パパは悲しむものとか思われがちですが、僕は娘が早く(若いうちに)結婚しても良いと思っているんです。

だって、娘が“ママ”になるのも楽しみだし、やっぱり孫の顔を早くみてみたいなって思うんですよ。

ゴロー:僕も同感です。早く結婚して欲しい。将来については、子どもが自分のやりたい事を見つけてくればいいなって思っています。

タケト:世の中、“人と一緒の事が正義”みたいな感じじゃないですか。皆が大学に行くから大学に行っておこう……とかは思ってほしくないです。やはり僕は芸人なので、人と一緒のことをやっても面白くない。

だからたとえ人と違っても、“個性”を大切にしてくれれば、子どもが大学に行かなくとも良いと思うんです。

「皆がこうしているから、自分もこうしなくちゃいけない」じゃなくて、自分の好きなこと、やりたい事が見つかる方が大事じゃないですか?

歴史が好きな子は、それを極めて博士になったら褒められるけれど、例えばゲーム好きを極めてプロになっても褒められない。でもこの2つは、好きを極めるということで一緒なんですよね。

娘にも、個性を大事にして、本気で好きなことを極めてもらえたら良いなと思いますね。

ゴロー:子どものためを思って勉強させようとしても、結局、子どもが自分でやりたいと興味を持たないと続かないですしね。

タケト:その通りですね。

もし、子どもが英語に興味を持って語学留学したいと言ってきた時には、その気持ちに応えてあげたいなっていう思いはあります。好きという思いを大切にしてあげたいです。
出典:LINE BLOG タケト オフィシャルダイアリー

 家族によって、親子によって、価値観は本当に十人十色。

ですが、親が子を想う気持ちは、どのご家庭であってもとてもあたたかいものなのだと感じますね。

全6回にわたりお送りしたタケトさんのインタビュー連載、いかがでしたか?

タケトさんのInstagramやブログには、手書きのオリジナルイラスト満載のコラムが掲載されています。

思わずクスっと笑えたり、あるある~と共感できたり、感動するエピソードも満載です。

また、村橋ゴローさんも息子さんとの日々の育児を綴ったIt Mamaの「ゴローパパの泣き笑い育児」連載が人気でした。ぜひ覗いてみてくださいね♪

次はどのような方がIt Mamaに登場するのでしょうか? お楽しみに。

【参考・画像】
※ タケトさん公式ブログはこちら
※ タケトさんのイラスト満載!育児用Instagramはこちら
※ 村橋ゴローの人気連載はこちら
※ 中道あすかのブログ「~オシャレ子育てDIARY~」はこちら
※ 写真 It Mama撮影

あなたにおすすめ