潜伏期間数十年! “新型エイズ”シャーガス病が中国で猛威……日本への上陸も?

日刊サイゾー

2018/7/13 21:00


 地球上の生物の中で、最も人間を殺しているのは蚊だといわれている。年間72万人もの人々が蚊によって媒介されるマラリアなどが原因で死亡しているからだ。一方、中国では今、ある虫が危険生物として猛威を振るっており、地元当局が懸賞金を出すなど撲滅に躍起になっている。

「新浪新聞」(7月9日付)によると、広州市疾病予防コントロールセンターが公式SNSに次のようなコメントを発表したという――。

<みなさん、これは危険な昆虫です。この虫を捕まえた方には、1匹につき8元(約130円)を差し上げます>

当局が危険生物と名指しするこの虫は、「サシガメ」というカメムシの仲間。南米の風土病で、マラリアに次いで危険な疾患とされているシャーガス病を媒介するとして、警鐘を鳴らしているのだ。潜伏期間は20~30年と長期間に及ぶことから、中国では「新型エイズ」という異名で呼ばれている。

サシガメは吸血昆虫で皮膚の薄い唇や顔などに吸い付くのだが、いったん発症すると、リンパ節腫瘍のほか、急性心筋炎や髄膜脳炎、さらに心肥大による心臓破裂など死亡例も多いという。感染に気が付かず、症状が慢性的になった場合、完治は不可能となり、心臓移植など大規模な手術が必要となる。また、その治療費も莫大な金額になることでも知られている。世界保健機構によると現在、世界では600万人がシャーガス病にかかっているというという。

サシガメ自体はヨーロッパやアジアに生息する種もあるが、今回問題になっているのは南米原産の4種と考えられている。シャーガス病はもともと1909年に南米で初めて確認されたが、どのような経緯で中国に渡ったか定かではない。中国当局が2016年に行った調査では広西、広東、湖南、湖北、安徽5つの省で人間の血を吸うサシガメの存在が確認され、シャーガス病の感染例も報告されている。

日本では14年、熱帯地域で多く報告されていたデング熱の発症が確認されるなど、温暖化の影響による気候の変化で、新たな感染症リスクが急増している。また、中国からの貨物コンテナでヒアリが日本に上陸したケースも記憶に新しい。南米原産の吸血サシガメが中国を経由して日本に来る可能性も、ゼロではない!?

(文=青山大樹)

あなたにおすすめ