連休の猛暑日、被災地は「危険」レベルに ネットでは心配の声が相次ぐ

しらべぇ

2018/7/13 20:00


(PraewBlackWhile/iStock/Thinkstock)

13日午後2時半から気象庁は記者会見を開き、「東日本・西日本ともに、今月下旬にかけて気温がかなり高い状態が続く」と発表。最高気温が35度を超える猛暑日が、まだまだ続くのだ。

特に被災地では、環境の変化によって熱中症のリスクがより高まるという。

■被災地は「危険」なレベル


また、環境省は同日、熱中症予防を目的とした「暑さ指数」の週末の予想を公表。「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」の5段階で示されており、北海道を除くほぼ全ての地域で「警戒」以上になっている。

被災地では指数が高くなる時間帯が続く見込みで、14、15の両日の日中に「危険」となるのは広島市や広島県福山市、岡山県倉敷市、愛媛県大洲市などだ。

■「神様お願いします」被災地を心配する声


まだまだ続くとされる猛暑日に、ネットでは被災地の人たちを心配する声が相次いでいる。








■ボランティアへの心配も


また、これから被災地へボランティアとして行く人への注意喚起の声もあがっている。




■「感染症に注意」と呼びかけ


日本環境感染学会は、炎天下のなかの被災地で、特に感染症に注意するように呼びかけている。呼びかけの内容を以下に抜粋する。

・暑いところに放置された食事(おにぎり、おかず)や、 中まで 火がよく通っていない肉などを食べない

・食事の前には石鹸と流水で手を洗う(擦り込み式のアルコール 手指消毒薬がある場合には使用する)

・屋外での作業の際には、長靴やゴム手袋などを着用。また、埃が舞う場合は防塵効果のあるマスクを着用する

・なるべく、丈夫な靴や手袋を履く。作業中に傷ができた場合は、流水できれいに洗う

また、下記のように熱中症対策も呼びかけている。

・こまめに水分と適度な塩分を補給し、できるだけ涼しい場所で 過ごす。

・めまいや顔のほてり、頭痛、筋肉のけいれん、だるさ、大量に 汗をかくなどの症状があるときは早めに医療機関に相談する

■熱中症対策への意識は60代が一番


しらべぇ編集部で全国の20~60代の男女1,342名を対象に「熱中症対策をしている」人の割合を調査したところ、20代男性が一番低く、60代女性が一番高い割合となった。

(©ニュースサイトしらべぇ)

連休は何かと外出する予定の人も多いだろう。東日本、西日本ともに猛暑日が見込まれており、かなり注意が必要だ。

被災地にいる人はもちろん、ボランティアなどで被災地に向かう人も、しっかりと熱中症対策をとってほしい。被災地が一日でも早く、復興することを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→ジャパネット、売上を被災地に全額寄付する特別番組を放送 誠実な支援に称賛

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1342名(有効回答数)

あなたにおすすめ