アップルストア、10代少年窃盗グループに展示品を盗まれる 被害総額300万円超(米)

あっという間の出来事に、周りの客や店員もなす術がなかったようだ。このほど米カリフォルニア州フレズノにあるショッピングセンター内のアップルストアで窃盗事件が起こり、店内に設置された監視カメラの映像がメディアに公開された。『ABC7 KABC』『ABC30 News』などが伝えている。

7月7日の午前、カリフォルニア州のショッピングセンター「Fashion Fair Mall(ファッション・フェア・モール)」内のアップルストアに10代と思われる少年の窃盗犯が押し入った。

フードを被った16歳~18歳らしき黒人4人の窃盗グループは、店内に入るやいなや複数のテーブル上に展示されていたiPhoneやラップトップなどを、テーブル下に繋がれていたケーブルから次々と引き離した。

わずか30秒ほどで素早く商品を奪う4人の行為に、店内スタッフや客はただ唖然としている様子が監視カメラに映っている。グループの1人は複数のラップトップを腕に抱えた状態で、店内入り口付近にいた怯える10代少女らをすり抜けるようにして逃走を試みた。その直後、1人の男性が少年らを阻止しようとドアの中央に立ち塞がるも、少年らはその男性を突き飛ばして店外へと走り去った。

フレズノ警察によると、少年らが盗んだのはiPhone 6、7、8の他、iPhone X、さらにラップトップの26品で被害総額は27,000ドル(約300万円)にものぼるという。少年らは誰一人武器を振りかざしておらず、店を出た後は外で待機していた仲間の車で逃げ去ったようだ。

カリフォルニア州では先月も、サンルイスオビスポ中心街のアップルストアで似たような窃盗事件があったばかりだ。警察では、これらの犯罪が今回の窃盗犯グループと関連があるかどうかを捜査中とのことだ。

このニュースを知った人からは、「見事なほどに、ほとんど誰も何もせずに突っ立ってるだけだね」「タックルとかして止められそうなものなのに…」「下手に阻止しようとして自分の命が奪われるよりも、電子機器が盗まれる被害の方が明らかにリスクが低いから誰も何もしなかったんじゃない?」「これで犠牲になっても、アップル社は補償金の支払いなんかしないだろうからね。明らかに人の命の方が商品より大切でしょ」「どうせ高額な保険に入っているから盗まれても動じないんだろうな」「警備員とか普通はいそうなものだけど」「まぁ誰も巻き込まれずに良かった」といった声があがっている。

画像は『ABC7 KABC 2018年7月9日付「VIDEO: Apple Store thieves make off with $27K of tech gadgets in daring heist」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ