『内村カレンの相席どうです』で“ウルトラマン”アンヌ隊員の登場にスタジオ騒然

テレビドガッチ

2018/7/13 19:00

ウッチャンナンチャンの内村光良とモデルの滝沢カレンが初めてタッグを組むトークバラエティ特番『初対面トークショー!!内村カレンの相席どうです』(フジテレビ系)が7月13日(金)の23時から放送される。

この番組は、ゲストの会いたい人、会って欲しい人、ちょっと気になる人などが、入れ替わり立ち替わりで登場。“相席”しながらトークを繰り広げることで、ゲストの交友関係を広げていくという内容。今回、新たな出会いを求めるゲストとして、長嶋一茂、ハリセンボンの近藤春菜、女優の葵わかなの3人が出演。滝沢の進行のもと、それぞれが相席トークを展開。会いたい人の登場にテンションが上がったり、思わぬ展開もあったりと、3人とも大盛り上がり。また、滝沢のぶっ飛んだ進行に、ゲストの3人やアシスタントである平成ノブシコブシの吉村崇が総ツッコミ。最後はなぜか内村がゲストたちに謝罪する場面もあった。

そんな波乱の幕開けは、長嶋から。長嶋と相席するのは、今年の「第10回AKB48世界選抜総選挙」で第2位に輝いた、SKE48の須田亜香里。まったくアイドルに興味がないという長嶋のために、「ぜひアイドルを好きになってもらいたい」という思いを込めて、番組側が相席をセッティング。「握手会の女王」の異名を持つ須田によるファンを魅了するための超絶テクニックと、それを受けた長嶋の反応に注目だ。

また、長嶋が「一言物申したい人」として、超人気ユーチューバーのボンボンTVの3人と、「子どもの頃から一度でいいから会ってみたかった女性」として、『ウルトラセブン』でアンヌ隊員を演じた女優のひし美ゆり子が登場。めったにテレビに出ないことで知られるひし美との対面には、長嶋はもちろん内村も大感激。“生アンヌ”の美しさに、『ウルトラセブン』世代ではない吉村も魅力されていた。

2人目に登場した近藤が相席をリクエストしたのは、自身の好きなタイプでもある「目と眉の間が狭い人」。この条件をクリアしたモデルや俳優などイケメン3人の登場に、近藤も大興奮。現在、彼氏がいないという近藤は、絶好のチャンスとばかりにイケメンたちに話しかける。その一方で、「気になる男性」として、かつてロケで訪れたラーメン屋の店主もスタジオに登場。近藤が「気になって仕方なかった」というキャラの濃い店主がその場で自慢のラーメンを作り上げる。

そして最後は、NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインを務めた葵が「絶対に友達になれる人」と相席する。人見知りな一面があるという葵は、「宝塚」や「猫」など、自身と同じ趣味を持つ人々と対面。初対面にも関わらず、趣味に関してのトークで盛り上がる。

今回、番組の仕切り役でもある“リーダー”を務めた滝沢は、「私が一番何がしたかったのかって、“やっぱりこの仕事だ!”っていうのに気づかされました。やっぱり支えてくれる方たちが隣にいるので、それがすごく良くて、“1人でやるもんじゃないな”って思いました」と収録を終えての心境を明かした。

また、アシスタントを務めた吉村は「ゲストの方も、誰が相席をしに来るか知らないので、どう広がるかも分からないし、ぶっつけ勝負でやっています」と番組の面白さを伝え、最後に内村が「とっても楽しくて、ちゃっかり自分の憧れている人にも会えるという特権もあり、一方で初めて会う人だと新鮮で、これからも2回目、3回目とできたらいいなって思っています!」と締めくくった。

あなたにおすすめ