miwa ラブソングのモチーフは実体験ではなかった…長年想い続けている人は

 シンガーソングライターのmiwa(28)が12日放送のフジテレビ「アウト×デラックス」(木曜後11・00)に出演。数々のラブソングを世に出し、若者を中心に絶大な人気を誇るmiwaだが、番組では意外な秘密を暴露し、スタジオをザワつかせた。

 アコースティックギター片手に、透明感のある歌声で数多のラブソングを歌い上げてきたmiwa。歌詞の内容に共感し、涙するファンも少なくない。

 さぞかし恋愛経験豊富なのかと思いきや、世間をにぎわす熱愛報道もなく、本人は「さみしい…」とため息をつくばかり。そうなるとネタの仕入れ先が気になるが、実は「親友に話を聞いたり、少女マンガを読んだり」して、作詞に生かしているという。これには、MCの矢部浩之(46)も「(miwaの)実体験じゃないんや」と驚きを隠せなかった。

 親友の話を聞くにしても、「それはダメだね」とmiwaなりのアレンジを加えて作品を作り上げており、最終的には“miwa色”に染まっている曲が出来上がるのだ。

 そんなmiwaには、長年想い続けている人がいる。その人は男性ではなく、女優・北川景子(31)。「毎晩寝る前に、写真集の好きなページを開いて、ベッドの横に置いて、拝みながら寝ます」というほどで、miwaにとっては憧れを通り越して、崇拝すべき存在となっているようだ。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス