気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

OTONA SALONE

2018/7/13 18:30



女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。

まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」な傾向と言ってもいいのでしょう。

だからこそ、誰かとデートをし始めた頃は、メイクも“なりたい自分”を意識しておくのが、なにかと得策に。

「いつも男性から、“君ってこんな人?”を誤解されます」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、男性たちが「ダメな40代」と誤解しがちなメイクの特徴に迫ります。

ダメな40代っぽいメイク1:とにかく各パーツが濃い




男性はいくつになっても「ケバい」なイメージが強い女性に対しては、警戒心を抱きがちな傾向に。

「本命にするなら、清楚系がいい」「派手な女は遊び相手としか見られない」などと、平然と口にする男性だって少なくありません。

そんな背景があってか、やたらに各パーツが濃いメイクをしているだけで「派手な女性」「僕とは合わなさそう」などとガードしてしまう男性も意外と多く、これぞメイクのせいで誤解されがちな典型でもあります。

最初の頃のデートでは、あまり“盛りすぎメイク”をしないほうが、恋愛においては有利に働くケースも多々。

本当は内気で控えめな性格だったとしても、あまりに“武装”が激しいと男性としても構えてしまうために、メイクのせいで損をしてしまうというわけです。

ダメな40代っぽいメイク2:あまりにナチュラルすぎてアラが目立ちまくり




今さら言うまでもありませんけれど、このところは、ずっとナチュラルメイクブームが継続中です。

それだけに、デートメイクでも「ナチュラル」を意識して、自分史上かなり“薄め”な仕上がりを心がけている40代女性は多いはず。

ところが「ナチュラル」は極めすぎると、ときとして“スッピン感”のほうが強くなりすぎてしまい「身なりに無頓着な女性」「すでに“女”を捨てている女性」なイメージが強くなってしまうパターンもあり、男性から想定外な誤解を受けているケースも少なくありません。

本来は華やかでキラキラ系を好む性格でも、メイクが薄すぎるだけで、真逆な性格だと誤解されやすいというわけです。

特に40代にありがちな“くすみ”や“シミ”、“シワ”などのアラが隠し切れていないメイクは「清潔感に欠ける」と感じる男性も少なくないだけに、どんなに「ナチュラル」を極めるにしても「隠すべき箇所はきちんと隠す」が、恋愛シーンにおいては功を奏すると心得ておくほうが確実です。

老眼が進むと見えなくなるよね…なダメポイントは→


ダメな40代っぽいメイク3:メイクは完璧でも口ヒゲやムダ毛がノーマーク




きちんとお化粧をしていても、顔のちょっとしたムダ毛や口ヒゲにノーマークだと、こちらも男性から誤解を受けがちです。

屋外で太陽に当たった瞬間、キラキラと口ヒゲが光っていた……なんてシーンでは、言葉にせずとも幻滅している男性は少なくありません。

「思ったよりガサツな女性なんだな」「意外とズボラなタイプなんだな」などの憶測が働きやすく、本来は几帳面な性格を自負していたとしても、あらぬ誤解を招きがちです。

このあたりはかなりシビアなジャッジを受けやすい面もあり、女性がそのタイミングでたまたま処理を怠っていただけだったとしても、そこまで考慮してくれる男性は決して多くないため、相手のことをまだ知らない初期段階では、その“一瞬”が命取りにも。

大事な相手とのデート前には、顔のムダ毛チェックも入念にしておくに越したことはありません。

深い仲への進展を期待したお相手には、できるだけ“本当の自分”を理解してもらいたいのが女心でもあります。

しかし、“見た目”によって「こんな人だろう」を誤解されてしまうケースも決して珍しくないだけに、デートでは“なりたい自分”や“本当の自分”を知ってもらえるメイクを心がけておくのが、恋愛上手への近道にも。

お付き合いを始めてから「君って、本当はこんな人だったんだね!」と、いい意味で新発見がある関係性も素晴らしいけれど、お相手選びの段階で不名誉な誤解を受けてしまえば、その先の進展そのものが見込めなくなるリスクも大きいと言えます。

「どうも、男性から誤解されがち」にお心当たりがあった女性は、ひょっとしてメイクのせいで不名誉な誤解を受けていないか、この機会に振り返ってみてもいいかもしれません。

あなたにおすすめ