にゃんこスターが消えた?原因はアンゴラ村長の“痛ツイート”か

アサジョ

2018/7/13 18:14


 2017年のキングオブコントで準優勝に輝き、見事スターの仲間入りを果たした、男女お笑いコンビ・にゃんこスター

ショートカットで可愛らしい姿のアンゴラ村長が、大塚愛のヒット曲「さくらんぼ」に合わせて縄跳びを飛ぶのかと思いきや、妙な動きのダンスを繰り出し、そこにスーパー3助がツッコミを入れるという斬新なコントは、ダウンタウン松本人志など大御所芸人たちからも高評価を得た。

しかし、そんな二人に早くも暗雲が垂れ込めていると芸能記者が言う。

「『にゃんこスター』でネット検索すると、どのエンジンでも予測変換に『消えた』と出てくるんです。つまり『にゃんこスター』+『消えた』で多くの人が検索しているということでしょう。ブレイクからまだ一年足らずですが、テレビ業界から消えてしまったかのようなイメージがついてしまっているようです」

確かに、にゃんこスターを以前よりはテレビで見かけなくなったように思う。それには理由があると芸能記者が続ける。

「キングオブコント後、アンゴラ村長の容姿の可愛さに注目が集まりました。さらに、早稲田大卒の才女であり芸人と兼業で会社員をしているところも好感度アップにつながったようです。しかし、『もっとブスでデブで貧困に生まれていたら、勉強がんばるのだけれど』『今日は上目遣いで歩くブスを見たから不機嫌だった』などという彼女の過去のツイートが掘り起こされてしまい、これを見たネット民からは、『性格悪い!』と批判が殺到してしまいました」

知名度とともにアンチも増やしてしまったアンゴラ村長には、ぜひとも得意の縄跳びでスターへの階段を駆け上がってもらいたいものだ。

(佐藤ちひろ)

あなたにおすすめ