「グッド・ドクター」山崎賢人の演技に称賛の声!【視聴熱TOP3】

ザテレビジョン

2018/7/13 18:00

webサイト「ザテレビジョン」では、7月12日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「グッド・ドクター」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)23707pt

山崎賢人(※「崎」は正しくは「立さき」)主演ドラマが7月12日に初回放送を迎えた。山崎は初の医師役で、自閉症スペクトラム障がいながら、驚異的な暗記力を持つサヴァン症候群という難しい役どころに挑戦している。

第1話は、小児外科医として初出勤の日を迎えた湊(山崎)が道中に子供の事故に出くわす。応急処置を施した湊は、子供に付き添って救急車に乗ることに。一方、湊が勤務することになる東郷記念病院では、湊の受け入れに反対の声が上がり、院長・司賀(柄本明)が説得する。

目の動き、話し方など、湊が抱える障がいの特徴を体現した山崎の演技に称賛が集まった。今年4月期の主演ドラマ「トドメの接吻」ではホストを演じていたことから、「振り幅がすごい」との声も。

また、湊が医者になるきっかけとしても語った「すべての子どもを大人にしたい」という願いにも反響があった。

2位「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」(フジテレビ系)12422pt

山下智久が主演し、ドクターヘリに乗り込むフライトドクターたちを描いたドラマ。2008年に1st Seasonが放送されて以来、2009年にスペシャルドラマ、2010年に2nd Season、2017年に3rd Seasonと、大人気シリーズとなった。

誕生から10年を経て、7月27日(金)から劇場版が公開に。11日に都内で完成披露試写会が行われ、山下、新垣結衣戸田恵梨香ら豪華キャスト陣が登壇した。山下は「(作品を見ると)いろんな感情にしてくれる“感情のジェットコースター”に乗っているような2時間で、見終った後に誰かに自分の正直な思いを伝えたくなるような温かい作品が出来上がったと思います」とアピール。試写会参加者のレポートの他、公開を待ちきれないファンから期待する声が続々と上がった。

また、イベント終盤には、1st Seasonからのキャスト5人が「真夏の日本縦断ツアー」と題し、21日(土)に札幌、名古屋、22日(日)に大阪、福岡の劇場を巡ることが発表された。

3位「ゼロ 一獲千金ゲーム」(7月15日[日]スタート、毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系※初回は夜10:00-11:25)9216pt

福本伸行の人気コミック「賭博覇王伝 零」を、NEWSの加藤シゲアキ主演でドラマ化。若者たちが1000憶円を賭けた命がけのゲームに挑む。

第1話の放送を3日後に控えた7月12日は、日本テレビ系の情報番組に加藤、間宮祥太朗がゲスト出演してドラマをPR。「ZIP!」(毎週月~金曜朝5:50-8:00)では、撮影現場の雰囲気について聞かれた間宮が「男の子が多いので、みんなでカードゲームをやって、それこそゼロのゲームさながらにヒリヒリしながら心理戦を楽しんで。(加藤)シゲさんは強いですね」と明かした。

「PON!」(毎週月~木曜朝10:25-11:30)では、ドラマに出演する小池栄子がVTRで登場し、加藤について「比較的オーラは低めかな、ジャニーズとしての」と話しつつ、「それはの大野(智)くんにも同じことを感じたんですけど、カメラ前に立った時にフワッと役としてのオーラを身にまとうというか、そういう方が役を演じた時に輝くというのは見ていて楽しいんですよね。そこがたぶん、普段オーラなくてもスターであるがゆえの持ち味なんだなと思っています」と称賛した。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/154452/

あなたにおすすめ