声優・村川梨衣2ndライブ開催、多面的な魅力を感じるサイコーの時間に


●変幻自在の歌声に、ダンスにトークに……
声優・村川梨衣の2ndライブ「村川梨衣 2ndRiELiVE ~梨の季節~」が5月26日、神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催。約1年ぶりとなるワンマンライブは、いわゆる"りえしょんらしさ"も垣間見せつつ、さらに多彩さを増した"RiEMUSiC"と称する自らの音楽の魅力を視覚的に提示するようなものとなった。

▼冒頭からいきなり提示された、"村川梨衣"という存在の魅力

開演時間を迎えると、まずはオーケストラのインストをinterludeにバンドメンバーが入場。オーソドックスなバンド編成に加えて、村川の楽曲に欠かせないバイオリンもそこに並んでいるのが特徴的だ。

そして「Graceful」の長いイントロ中に、村川もステージに登場。実は前回のライブでは、ロングトーン中にわずかに音階が下がるクセが出た曲もあったのだが、この日はそれも修正。強さと清々しさがちょうどいい塩梅のバランスでアウトプットされていた点も含めて、シンガーとしての成長を見せる。

その清らかさは続く「水色のFantasy」にも受け継がれる。一気に水色に染まった客駅に向かって響いたボーカルは、少女性の強い愛らしいもの。それも、CD音源よりも程よく強さを引いた、かわいらしさが前面に出たものに。特に落ちサビのか細さや儚さは、曲中のヒロインを「守ってあげたい」と思わされるほどのものだった。

だが、曲明けには一転して荒々しく観客を煽り、いきなりの爆上げ曲「レクイエム -Requiem-」を投入。村川のボーカルも強く激しいものへと変わり、パシフィコの空気もロックライブのそれへと変貌。この二面性が村川のパフォーマンスの魅力なのだが、その両面をたった3曲で堪能させてくれたのには驚いた。Dメロ直前には「みんな、ともに歌えー!」と真紅に輝く客席へとシャウトし、完全にロッカーモードに"入った"村川はそのまま最後まで突っ走っていった。

曲明け、最初のMCは、公演時間もあって「こん……にち……は!」とためらい気味の挨拶からスタート。「皆さん、りえしょんの歌、好きですかー!?」との問いかけには文句なしの大歓声が起こるも、なぜか半信半疑で計3回確認して安心……などといった村川らしいひと幕も交えつつ、その声に「たくさんの方が来てくださったんだなっていうのが身にしみます。ありがとう」と感謝。そして直前の「レクイエム -Requiem-」での大歓声に、逆に村川から拍手。「次も大合唱していただければ!」と語られていた。

▼ダンスもバッチリ! 魅せるステージも展開

そしてライブ再開前には、恒例となったファンからの3カウントコールの間で給水を済ませる儀式も敢行。「さーーーん!」でピッタリ(?)3カウントでの給水を終えると、「Re:Emotion」からシリアス曲ゾーンへと突入。ビブラートを伴いながらも、強くまっすぐな歌声を再び響かせる。それを盛り立てようと観客からも大きなコールが上がっていくが、それだけにとどまらずなんとこの曲では、客席の輝きが7つのブロックに分かれて虹色に。

実はこの色分けは、彼女が希望していたもで、それがファン有志の呼びかけによって実現。サプライズは、見事に発動した。その光景を目にした村川は、歌唱中こそキリッとした表情を貫いていたが、後奏では嬉しそうな表情をのぞかせる。ファンによる同様のサプライズは以前にも行われていたものであり、そこからは"喜ばせあいたい"というファンと村川との関係が続いていることがうかがえた。

曲のラストをビシッと決めポーズで締めくくった村川は、続けてシリアスでゴシックな「Night terror」に合わせてダンススタート。サビ明けや間奏ではスーッとした美しい魅せ方のパフォーマンスで魅せ、2サビ明けの間奏での手のフリには凛々しささえも宿す。そんなダンスをしながらでもボーカルの強さは減衰せず、改めてその制御力の向上をうかがわせた。

さらにそこに畳み掛けたのはシンフォニックメタル調の「月のlx」。A・Bメロこそ抜き気味に歌われたものの、サビの直前でその歌声には一気に強さが宿る。差し込むスポットライトに向かって歌う姿も、この曲のタイトルによく似合うものだ。2サビ明けでは村川の腕に合わせてコールが起こりペンライトも揺れ、さらに場内のボルテージは上がる。

その後奏中に村川は降壇。電子的な、それでいてどこか妖しげなinterludeが流れると村川がステージに戻ると、しばしの間ダンスパフォーマンスに力の多くを傾ける楽曲が続く。その1曲目「硝子の扉」から、ダンスに注力した際のポテンシャルの高さを発揮。強くバッキバキなわけではないが、しなやかさと凛とした風格を漂わせながら、キレまくるダンスを披露する。

続く「光のイグジット」では、今度は曲に合わせてパキパキッとした細かいダンスを披露。ジャジーなピアノに合わせたDメロ前のピタッとしたポージングに代表されるようなストップモーションも見事に決め、また別の方向からのダンスパフォーマンスの魅力を感じさせてくれる1曲となった。

ここで再び村川はステージを降り、事前録音によるトークパートがスタート。デビュー曲「Sweet Sensation」のインストゥルメンタルをバックに、Twitterのスタッフ公式アカウントで事前に募集した「どんなときにRiEMUSiCを聴きたくなる?」という質問への回答を紹介していく。「『帰れない場所へ』は歌詞に耳を傾けながら聴くといつでも泣ける」といったストレートな称賛から、「尊みがやばある曲ばかり」と村川ならではの感想も到着。さらに紹介するにつれてそのシチュエーションが限定的になっていくところも、観客を笑わせ和ませた。

●最高の時間が、口にさせた「終わりは始まり」のフレーズ
▼村川が見せた、ふたりの"姫"

そしてプリンセスの衣装に着替えた村川が「恋するパレード」のイントロに乗せてステージに再登場し、ライブ後半戦がスタート。先ほどまでかっこよさに全振りしていたパラメータをかわいさにすべて振り替えたようなナンバーとなり、衣装も相まってこの日随一のキュートさを見せる楽曲となる。また、2サビ明けと大サビ後には、恋の矢をファンに向けて放つような振り付けも披露。またも大きな歓声が上がる。

曲明けには若干仰々しい、RPGの戦闘シーンのようなBGMが暫し流れると、そこから「Bright」がスタート。今度は村川は扇を手にして、勇猛なサウンドを従えるかのように、澄みながらも芯のある歌声を響かせていく。また、1サビ明けの間奏では、ストロボ瞬くなかその扇を用いた殺陣のようなパフォーマンスも披露。姫は姫でも、ここでは戦場で先頭に立つ姫のようなイメージなのだろうか。そのパフォーマンス明けにもボーカルはほぼブレることなく、かっこよさを最後まで崩さぬまま、1曲をまっとうしきった。

曲明け、久方ぶりとなったMCタイムで早速触れたのが「Re:Emotion」での虹色の景色。彼女の「もう1回!」の呼びかけでその輝きが再現されると、「うれしー! ありがとー!」と満面の笑みで感謝。その喜びの大きさは、「ちょっと……もーいっかーい♪」と、思わずおかわりをしてしまった姿からも伺える。その虹を「パシフィコさんと、みんなのためだけの虹だ!」と総括して「素敵な贈り物いただいっちゃて、返せるかなぁ……」とつぶやくと、恒例の「1、2、さーーーーーん」の給水をへて、ラストスパートへ。

まずは爽快感のあるナンバー「Tiny Tiny」を、キュートなボーカルで歌っていく。それは歌詞通りまっすぐに光のほうへと突き抜けていくようなものでありながら、歌う村川は終始笑顔。彼女が楽しそうに歌っている姿を観るのも、ファンとしてはまた嬉しいものだったのではないだろうか。大サビ頭のジャンプも会場一体となって決め、最後まで気持ちよく歌い切ると、バイオリンのイントロがグランドED感を醸し出す「帰れない場所へ」がスタート。

それ以上にラスト感を強く感じさせられたのは、この曲のサビ。惜別感を少し醸し出すのは、セットリストの妙もあってなのだろうか。しかし村川の歌声は最後までみずみずしさに満ちたもので、過剰な寂しさを感じさせず、前を向いてこの曲を締めくくる。そして後奏では腕を前方に広げて最後にもう一度歓声を受け止め、村川はステージを降りた。

▼会場を一体にし締めくくるのは、1stと同じあの曲

そして響く「りーえーしょん!」の声。客席ではペンライトと扇型ペンライト(武器)がピンクに輝くなか、まずはバンドメンバーが戻り、アンコール1曲目「Anytime, Anywhere」のイントロの演奏を開始。その音色とともにステージが徐々に明転するなか村川がステージに再登場。バイオリンの音色とともに、初夏に似合う楽曲の中に爽やかさと強さを同居させて、1曲を披露しきった。

曲明け「アンコールありがとー!」とまずは礼をすると、続いての楽曲がライブ3日前にリリースされたばかりの新曲「Distance」であることを告げ、そのまま披露。ジャケットのメインカラーであるブルーの輝きで埋め尽くされた客席へ、爽やかでちょっぴり切なさもまぶされたこの曲を、全力で届けていく。

そして、彼女がさらにその全開度合いを一段上げた大サビの歌詞は、まさにファンに直接届けられるべきもの。そういう意味では、そこへのファンの歓声も含めて、「Distance」はこの日本当の意味での完成を見たのかもしれない。

最後は「2nd RiE LiVE、サイコー!」「『ヒナまつり』(※OPに起用されているTVアニメ)も、サイコー!」とシャウトし、ジャンプエンド。"大成功"の3文字しか浮かばない、サイコーな笑みを浮かべていた。

そしてバンドメンバーを「サイコーにサイコーにおちゃめで、サイコーにクールなサイコーの人たち」と紹介し、最後の"3秒"を挟んで本当の本当のラストナンバーへ。「次の曲も楽しんでいこうぜ!」と場内のボルテージを上げたかと思えば「まぁ、そういう曲でもないけど(笑)」とはしごを外したりといった最後までらしさあふれるMCも挟みつつ、「宇宙ステーションに届けられるような力を見せつけてくれるよな!?」との煽りに続けて歌われたのは、「Baby, My First Kiss」。

1st RiE LiVEと同じく最後に置かれたこの曲は、最後の最後にファンと村川とが一体になるためのアンセムへと成長していた。その証拠に、AメロからBメロにかけてのコールは大きく響き、サビではワイパーも発生。サビ後の英詞部分でも、村川から向けられたマイクによりいっそう大きなコールが響く。その中において村川は、愛らしさ強めの女子像を歌声で表現。一体感と楽曲表現を両立させたこの曲は、サイコーのラストナンバーとなったと言えるだろう。

歌い終わってバンドメンバーと一緒にファンに礼を述べたところで、最後に村川から「なんか不思議な感覚がします。でも終わりは始まりなので、みんながついてきてくれる限り、3rd・4th……うんぬん、できるかもしれないので! これからもみんなの力をお貸しいただければと思います。これからも私についてきてくれたら嬉しいです!」とメッセージが送られ、2度目のワンマンライブは見事大成功に終わったのだった。

実は最後のコメントでは、前述の言葉の他にも「これからも――」のくだりで「ついてきてくれる!?」との呼びかけも。そこに返るコールに向けて村川はマイクを向け、客席中をサーッとさらっていたのだが、この"コールを集める"ような行動が、ファンの声が村川の力になっているという何よりの証拠のように見えたのは、筆者だけではないだろう。2ndアルバムや最新シングルを経て、さらに多彩さを増した"RiEMUSiC"。これからもそのさらなる発展を見守り、また3回目の"梨の季節"で、より大きく実った彼女の姿を見たいものだ。

●「村川梨衣 2ndRiELiVE ~梨の季節~」セットリスト
2018.05.26@パシフィコ横浜 国立大ホール
【SET LIST】
M1.Graceful
M2.水色のFantasy
M3.レクイエム -Requiem-
M4.Re:Emotion
M5.Night terror
M6.月のlx
M7.硝子の扉
M8.光のイグジット
M9.恋するパレード
M10.Bright
M11.辿りつく物語(せかい)は
M12.Tiny Tiny
M13.帰れない場所へ
EN1.Anytime, Anywhere
EN2.Distance
EN3.Baby, My First Kiss

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス