夜職(メンズキャバクラ・ホスト)の彼氏に言ってはいけないNGワード

yummy!

2018/7/13 17:00


夜職(メンズキャバクラ・ホスト)の彼氏に言ってはいけないNGワード

夜の仕事をしている男性は、女性との出会いがたくさんあります。そんな男性とお付き合いする場合には、嫉妬したり心配したりすることも多いでしょう。
今回は、夜職の彼氏のプライドを傷つけ、恋愛を短命に終わらせてしまう、言ってはいけないNGワードをご紹介します。

夜職の彼氏に言ってはいけないNGワード1 転職したら?



本人が転職を考えている場合を除いて、転職を促すのはNGです。夜の仕事は、安定性にかけたり、イメージが悪かったりと、彼女としては心配になる気持ちは分かります。
ですが、「何歳までその仕事続けるの?」なんてことは言っても意味がありません。なぜなら、いつまで仕事を続けるのか、その仕事はキャリアになるのか、未来があるのか、は働いている本人が一番よく理解しているはずだからです。
夜職にプライドを持っていて、「自分の店を持ちたい」などの夢を密かに持っている場合もあります。仕事を選んだのは本人の意思であり、続けているのも本人の意思です。そこに口を出す権利は、誰にもありません。
「転職したら?」という言葉は、とりようによっては、「今あなたがしている仕事に価値はない」「今のあなたでは充分ではない」と聞こえてしまいます。彼を変えよう、という気持ちからの発言は慎み、今現在の彼が好きだ、と伝えましょう。

夜職の彼氏に言ってはいけないNGワード2 親に紹介できないよ



「親に紹介できない」も彼氏の仕事の選択や生き方を否定する言葉です。
この言葉は、明らかに自分のことだけしか考えていない言葉です。彼氏のことを本当に考えるのならば、別のアプローチがあるはずです。自分の利益のために、他人を変えようとする気持ちは、相手に伝わってしまいます。
彼がこのセリフを聞いたら、「この子は俺のことではなく、自分のことが大切なんだな」と思うでしょう。

夜職の彼氏に言ってはいけないNGワード3 浮気してるんじゃない?



ホストやメンズキャバクラなどは、女性を相手にする仕事です。場合によっては、女性に疑似恋愛を提供することが求められます。そのため、嫉妬したり浮気を疑ってしまったりすることもあるでしょう。
ですが、本命の彼女から、自分を疑うような言葉を聞きたい男性はいません。浮気を疑ってしまった場合は、彼を問い詰めるのではなく、「最近、愛されている感じがしなくて不安になっている」と伝えてみましょう。
あなたのことが大切ならば、浮気を疑う余地がないくらいに愛情を示そうとしてくれるはずです。

さいごに。愛を疑うのではなく、愛を与える



今回は、夜職の彼氏に言ってはいけないセリフをご紹介しました。
彼氏の仕事を否定したり、仕事だけの付き合いの女性との浮気を疑ったりすることは得策ではありません。
彼氏との関係を良好に保ちたいなら、「今のあなたが好き」だという愛情表現を自分から進んですることが望ましいでしょう。
(今来 今/ライター)

あなたにおすすめ